ぎぎぎ速報

2ちゃんねるのニュース速報をランダムにまとめているブログですね。

2019年11月

1 :ちくわ ★:2019/11/30(土) 17:55:13.74 ID:euFWR7lJ9

サムネイル 「ひきこもり」が大きな問題となる中、ひきこもりの人たちの自立を支援すると謳う業者が刑事告訴されました。「業者が男性を拉致して地下室に8日間監禁した」と言うのです。

 「8日間地下室に監禁。拉致→監禁」(日記)

 男性は、この日記を監禁されているさなかに綴ったと言います。高橋さん(仮名)。大学卒業後就職せず、実家でひきこもりのような状態で10年間、経済学の研究をしていたといいます。そんな高橋さんの部屋に、去年5月、父親が突然やってきて・・・


 「これからこの人たちのお世話になるから、言うことを聞くように」(父親)

 父親が出て行くと男性4人が入ってきて、高橋さんに部屋を出るよう命じたと言います。

 「父親が出て行ってほしいと言っている。あなたには部屋を使う権利がない」(職員)

 両親が、高橋さんに内緒でひきこもりの人などの自立支援を謳う東京・新宿区の「あけぼのばし自立支援センター」と契約。職員が連れ出しに来たのです。


 センターの案内DVDには、「お連れ出し」と題して・・・

 「お子様と同じ目線で説得します。納得してもらうまで何時間でも対話を繰り返し、必ずや連れ出しを成功させます」(案内DVD)

 ところが実際は、「説得」や「対話」とはほど遠いやりとりが交わされたと高橋さんは言います。

 「私を連れ出す法的根拠はなんですか」(高橋さん)

 「あなたのような未成熟子には何も言う資格はない」(職員)

 「もう本当に言葉を失うというか驚きました」(高橋さん)

 押し問答の末、高橋さんは、知人に電話で助けを求めようとします。すると高橋さんは、男性に押さえつけられたと言います。男性はプロボクサーだといいます。

 「殺されてしまうんじゃないかというような恐怖感を覚えました」(高橋さん)

 その後、外に出た高橋さんは、周囲に大声で助けを求めましたが、無理やり車に乗せられたといいます。駆けつけた警察官も助けてくれず、車の中では・・・


 「これは犯罪ですよ」(高橋さん)

 「憲法には教育、労働、納税の三大義務が書いてあるが、1つとしてその義務を果たしていないあなたに、犯罪がどうのこうのと言う資格はない」(職員)

 新宿にある建物に到着すると地下室へ。そこには4つのベッドがあり、高橋さんを挟むようにして2人が、夜には、さらに1人が加わり一晩中監視されたと言います。地下室での生活は8日間に渡ったといいます。

 「ここから出ないと何をされるか分からない恐怖感。それで(食事が)全く喉を通らなかった」(高橋さん)

 センターは、多彩なカリキュラムで95%の就職・自立成功率を謳っていて、両親は700万円を支払っていました。ところが高橋さんは、カリキュラムをほとんど受けず、さらに精神科病院に51日間、強制的に医療保護入院させられたと訴えます。厚労省は、ひきこもり支援のガイドラインで、本人の了解がない強引な連れ出しなどを否定しています。

 高橋さんは29日、センターを運営するクリアアンサーの代表らを暴行や逮捕監禁傷害の容疑で、病院の医師らを監禁などの容疑で刑事告訴しました。

 「支援・治療の名の下に深刻な人権侵害を行っている事実をぜひとも知っていただきたいと思います」(高橋さん)

 「ひきこもりや不登校に悩む親御さんやご本人はたくさんいる。まさに弱っているところに対して、甘言を述べて入っていく。典型的な悪質ビジネスではないか」(代々木総合法律事務所 林治弁護士)

 クリアアンサーは取材に対し、「捜査機関の要請があれば捜査には協力したい。個別の案件については個人情報の関係から、お答えできない」とコメントし、刑事告訴に先立つ民事裁判では「暴行は加えていない。本人の同意なく連れ出すなどしたが、医療保護入院につなげる必要があり、両親の許可を得ていて違法ではない」などと反論しています。

29日19時49分
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3843662.html

続きを読む

1 :マスク着用のお願い ★:2019/11/30(土) 18:09:12.93 ID:f1TX+kah9

サムネイル ⁂統一まで3分

北朝鮮が日本非難「弾道ミサイル、遠からず見ることに」


 北朝鮮外務省の日本担当副局長は30日、北朝鮮が超大型放射砲(ロケット砲)と発表した28日の飛翔(ひしょう)体発射をめぐり、安倍晋三首相が弾道ミサイルであり国際社会への深刻な挑戦と発言したことについて、非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が30日、伝えた。

 談話は「世界は今回の試射をロケット砲と評しているが、(安倍首相は)ミサイルだと言い張っている」とし、「本当の弾道ミサイルが何かを遠からず、それも非常に近くで見ることになるだろう」と警告した。
(リンク先に続きあり)


2019/11/30 11:57 朝日新聞
https://www.asahi.com/sp/articles/ASMCZ33ZRMCZUHBI013.html?iref=sp_new_news_list_n

続きを読む

1 :みなみ ★:2019/11/30(土) 18:08:42.85 ID:S40Ihc5h9

サムネイル 統一まで10分
11/30(土) 17:16配信

 私は以前、このコラムで、韓国人の本音ということで、韓国取材で出会った人たちの慰安婦問題や徴用工問題についての考えを紹介した。

【図解】韓国大統領 文在寅氏はこんな人

 その中で、セヌリ党(保守系)国会議員の発言を紹介した。

 彼は徴用工問題について「(日韓請求権協定を結んだ)1965年に済んだというのは基本的には共感します。ただ、法的には終わったとは思いますが、国民の気持ちは終わっていません。創意的な努力が必要です。韓国政府も協力した共同基金などが考えられます。政府は被害者の要求を無視したのだから、協力するべきです」と発言した。

 この中で注目すべきことは、彼も「徴用工問題は65年に済んだ」と発言していることだ。

◆切りがない

 もちろん彼は、法的には終わったが、国民の気持ちは終わっていないと断っている。しかし、そんなことを言えば、切りがない。国民の感情は終わりようがないからだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00010002-jij-kr

続きを読む

1 :記憶たどり。 ★:2019/11/30(土) 16:41:47.37 ID:HG51UhmX9

サムネイル https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-00000054-kyodonews-soci

山梨県道志村のキャンプ場で9月21日に行方不明になった千葉県成田市の小学1年小倉美咲さん(7)の家族は30日、
手掛かりとなる情報を求め、美咲さんの新たな写真を公開した。

写真は今年4月に家族と一緒に写真館で撮影した複数枚。美咲さんは水色の着物や、
白地にピンクの花が付いたドレスを着て、ほほ笑んでいる。

家族はこれまでも、美咲さんの写真や動画を公表してきた。母とも子さん(36)は取材に対し
「美咲のいろんな表情を見てもらい、情報を集めたい」と訴えた。

山梨県警は大規模な捜索を打ち切り、聞き込みなどを継続。家族や有志のボランティア団体が捜索を続けている。


https://lpt.c.yimg.jp/im_sigg0HNJvLuiszDBZP8R9fLVUg---x781-y900-q90-exp3h-pril/amd/20191130-00000054-kyodonews-000-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/im_sigg0HNJvLuiszDBZP8R9fLVUg---x781-y900-q90-exp3h-pril/amd/20191130-00000054-kyodonews-000-view.jpg

続きを読む

1 :どこさ ★:2019/11/30(土) 17:04:25.64 ID:NuhIZnRO9

サムネイル すたみな太郎で焼肉創作料理を作って遊ぶしかない。

北韓の飛翔体公知時間、韓国と日本1分差…発射時間も
ソウル新聞 2019.11.28|午後9:37
https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20191128500186
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/56138182.html

●韓国合同参謀本部「発射時間午後4時59分…文字公知午後5時4分」
●日本の防衛相「発射時間午後4時58分…文字公知午後5時3分」
●韓国「超大型放射砲推定」…日本「弾道ミサイル2発」
●放射砲最高速度マッハ6.5…1分で100km以上飛行
●ジーソミア延長根拠情報提供?「日本の要請がなく、しなかった」

https://livedoor.blogimg.jp/kaikaihanno/imgs/a/c/acc004b0.jpg
北韓が今月10日、金正恩国務委員長の指導の下で超大型放射砲試験射撃を再び行ったと、北韓メディアが11日、報道した。
先月24日の超大型放射砲試験射撃とは違い、今回は試験射撃が「成功した」という発表がない。
朝鮮中央テレビが公開した写真で、超大型放射砲が炎を吐きながら飛んでいる。

北韓が28日、東海上に飛ばした飛翔体2発と関連して、日本が韓国より1分先に公知した。
日本の海上保安庁は韓国合同参謀本部の「文字公知」より1分早い午後5時3分頃「北韓からミサイルが発射されたものと見られる」とし、
航行警報を発令し、周辺の海上を通る船舶に注意を呼びかけたと、聯合ニュースが伝えた。

公知1分差は発射時間で差が出た。韓国は同日午後4時59分、日本は4時58分だと発表した。
今年8月、北韓が撃った放射砲の最高速度がマッハ6.5前後であることを勘案すれば、1分の時間であれば100km飛んでいく。

飛翔体と関連し、韓国は放射砲と推定したが、日本は弾道ミサイルと規定し、見解の相違を示した。
合同参謀本部は「北韓が今日の午後4時59分頃、北韓が咸鏡南道の連浦一帯から東海上に発射した超大型放射砲と推定される短距離ロケット2発を捕捉した」と明らかにした。
合同参謀本部は「飛翔体の最大飛行距離は約380キロ、高度は約97キロと探知した」とし「追加諸元は、韓米情報当局が精密分析中」と伝えた。

https://livedoor.blogimg.jp/kaikaihanno/imgs/2/6/267c22e8.jpg
日本の防衛省のホームページには、北韓の飛翔体発射時間と関連して、今日の午後4時58分頃と出ている。

一方、河野太郎防衛相は、この日の午後4時58分頃、北韓の「弾道ミサイル」2発が高度100キロ、380キロを飛行したと説明し、
日本の船舶と航空機の被害は確認されていないと、同日午後6時30分頃、記者団に明らかにした。弾道ミサイルは国連安保理の制裁対象だ。

これと関連して、今月22日、条件付き延長されたジーソミアに基づく韓日間の関連軍事情報共有はなかったという。
韓国政府消息筋は「まだ日本側から情報提供の要請はない」とし「日本から要請があれば提供するという立場だ」と述べたと聯合ニュースが付け加えた。

https://livedoor.blogimg.jp/kaikaihanno/imgs/b/1/b1989e1a.jpg
北韓の飛翔体発射の概念図。

一方、北韓のこの日の発射は先月31日、平安南道一帯から超大型放射砲と推定される飛翔体を東海上に2発発射してから28日ぶりのことだ。


関連
【北朝鮮飛翔体】韓国「日本からGSOMIA要請ない」韓国は超大型放射砲(多連装ロケット砲)と判断 日本は弾道ミサイルと判断
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575099287/
【北朝鮮】2発の飛翔体は「超大型ロケット砲」…最大飛距離は380キロ 高度は97キロ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574940923/
【速報】GSOMIA、終了せず 韓国政府が日本政府に伝える ★25
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574446089/
【NHKニュース速報 17:12】 北朝鮮が飛しょう体発射の情報 政府関係者
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574928802/

続きを読む

1 :みなみ ★:2019/11/30(土) 17:29:24 ID:S40Ihc5h9

サムネイル 2019年11月30日 6時0分

[となりのテレ金ちゃん−テレビ金沢]2019年11月18日放送の「週刊マンデー」のコーナーで、記号の読み方についての話題が取り上げられました。

「...」や「〜」など、普段よく使われている記号にも読み方があること、皆さんはご存じだったでしょうか?

「〜」の読み方、分かりますか?

読めそうで読めない記号

普段よく使われている記号と言えば、「?」「!」などですね。しかしこれは、「はてな」「クエスチョンマーク」「ビックリマーク」「エクスクラメーションマーク」など何となく呼び名がわかりますよね。

しかし、読めそうで読めない記号、意外とあるんです。

まず「...」。てんてんてん、で通じそうですが、これは「三点リーダー」という正式名称があるのです。ちなみに「‥」は二点リーダーと言います。

「〜」は、「チルダ」という名前があります。「から」と言った方が伝わりやすそうですが、こちらが正式なのだそうです。

そして、「∴」。高校生の時に習った方、思い出したでしょうか?これは、「ゆえに」と読みます。

以下ソースで
https://news.livedoor.com/article/detail/17456957/

続きを読む

1 :どこさ ★:2019/11/30(土) 16:34:47 ID:NuhIZnRO9

サムネイル 北朝鮮「超大型放射砲」発射 日本と情報共有行わず=韓国政府筋 
聯合ニュース 記事一覧 2019.11.29 14:12
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191129002100882

北朝鮮の朝鮮中央通信が先月31日に報じた超大型放射砲の発射実験=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)
https://img1.yna.co.kr/etc/inner/JP/2019/11/29/AJP20191129002100882_01_i_P4.jpg


【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が28日に「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」の連続発射実験を行ったことに関連し、
29日午前までに韓国と日本の間で軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に基づく情報共有が行われていないことが分かった。
韓国政府の消息筋が伝えた。

 この消息筋は「日本側から韓国軍が探知した情報の提供について要請はないと承知している」と明らかにした。

 GSOMIAは23日午前0時の失効直前に、韓国政府が終了の条件付き延期を決めた。

 北朝鮮が今回試射した超大型放射砲について、日本は弾道ミサイルと判断している。
安倍晋三首相は28日、北朝鮮の飛翔体が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したかどうかは確認されていないと述べた上で、
北朝鮮の度重なる弾道ミサイルの発射は日本だけでなく国際社会に対する深刻な挑戦だとの認識を示した。

 しかし、韓国軍は発射直後に超大型放射砲との見方を示し、北朝鮮も超大型放射砲の試験発射だと発表した。

 日本は先月2日、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を発射した時も2発と発表した。
これに対し、韓国政府はGSOMIAに基づきSLBMの発射回数や軌道などの情報を日本に提供した。

 一方、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官とエスパー米国防長官は27日に電話会談を行い、
GSOMIA終了の条件付き延期などに関して意見交換した。
鄭氏は韓国政府のGSOMIAに関する措置を説明し、エスパー氏は歓迎の意を伝えたという。

 このほか、両氏はソウルで開催された韓米定例安保協議(SCM)とタイ・バンコクで開かれた
東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議(ADMMプラス)の結果について議論した。
両氏はSCMとADMMプラスにあわせて国防相会談を行い、今月に予定されていた韓米合同空中訓練を延期することを決めている。

ynhrm@yna.co.kr


関連
【北朝鮮】2発の飛翔体は「超大型ロケット砲」…最大飛距離は380キロ 高度は97キロ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574940923/
【速報】GSOMIA、終了せず 韓国政府が日本政府に伝える ★25
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574446089/
【NHKニュース速報 17:12】 北朝鮮が飛しょう体発射の情報 政府関係者
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574928802/

続きを読む

1 :ちくわ ★:2019/11/30(土) 17:24:24 ID:euFWR7lJ9

サムネイル (CNN) メキシコの民生保護当局は30日までに、同国北部エル・ポトレロ・チコにある岩壁で米国人の著名なロッククライマーが約985フィート(約300メートル)落下し、死亡したと報告した。

このクライマーは米カリフォルニア州居住のブラッド・ゴブライトさん(31)で、センデロ・ルミノソと呼ばれる岩壁での転落は27日に起きた。遺体は翌日収容された。この岩壁の高さは伝えられていない。

登はんの同伴者も同じく落下し、足首などを負傷したが命に別条はなかった。同伴者の友人は、2人はロープがもつれた後、20〜30フィート下の岩壁の出っ張り部分に落下したとの説明を受けたと指摘した。

同伴者は出っ張り部分の茂みに衝突して新たな転落を免れたものの、ゴブライトさんはさらに落下したという。

転落は下へ降りている最中、ロープの操作に問題が発生したのが原因とみられる。

プロのクライマーであるゴブライトさんは岩壁登頂などでこれまで名高い実績を上げている。米誌「ナショナル・ジオグラフィック」によると、米ヨセミテ国立公園にある岩壁「エル・キャピタン」の一部ルートで最短時間の登頂にも成功していた。

エル・ポトレロ・チコはメキシコのヌエボレオン州モンテレイから北西へ31マイル(約50キロ)離れている。

米国人の著名なロッククライマー、ブラッド・ゴブライトさんがメキシコで転落死
https://www.cnn.co.jp/storage/2019/11/30/9cf318a72a113b4f2198162159c6630c/t/768/432/d/brad-gobright-selfie-super-169.jpg

2019.11.30 Sat posted at 15:29 JST
https://www.cnn.co.jp/showbiz/35146177.html

続きを読む

1 :みなみ ★:2019/11/30(土) 09:33:47.13 ID:S40Ihc5h9

サムネイル 11/30(土) 7:31配信

おまえも死ぬぞ」
「ばれているぜ」
「NO ご先祖,NO LIFE」
「君たちがいて僕がいる」……。

【写真】「強烈!」「シンプルなのに深い」 いま「お寺の掲示板」が熱い!

 一読して何の脈絡もなさそうな言葉ですが、実は、ある共通点があります。

 これらの言葉はすべて、お寺の門前に設置されている「掲示板」に掲げられた言葉なのです。

 最近になって、この「お寺の掲示板」を取り上げるメディアが増えています。新聞や雑誌をはじめ、「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系列)や「あさイチ」(NHK)といったテレビの人気番組でも特集が組まれ、2019年9月には書籍『お寺の掲示板』(新潮社)も刊行されました。

 各所で話題を呼んでいる「お寺の掲示板」ですが、そのきっかけは、2018年7月より開催された「輝け! お寺の掲示板大賞」。TwitterやInstagramなどのSNSで掲示板の写真を募集し、その投稿作品を選んで発表する企画です。投稿者は、偶然お寺の前を通りかかった人や、実際に掲示板の標語を書いた寺院関係者などさまざま。

 同賞が、同年10月1日より「ダイヤモンド・オンライン」で連載(「『お寺の掲示板』の深〜いお言葉」)が始まると、人生指南になりそうな言葉や、思わずドキッとさせられるユニークで意外性のある言葉が、SNSを中心に話題を呼び、人気コンテンツとなります。2018年7月〜10月に集まった投稿は、約700作品。本記事冒頭の掲示板の言葉は、この時に投稿されたものです。

以下ソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00595108-shincho-life

続きを読む

1 :1号 ★:2019/11/30(土) 10:24:45.90 ID:kbdQ0IOL9

サムネイル 2019年10月12日、日本列島に上陸し関東・甲信越・東北地方に甚大な被害をもたらした台風19号。そのなかで、マンション内のトイレが使えないという事件が、神奈川県川崎市、武蔵小杉駅前に立つタワーマンションで起こった。

高級タワマンなのに、トイレも使えない

ある不動産業者は「武蔵小杉のタワーマンションを客に売ってしまった。一生呪われるのかな」と罪悪感で胸を痛めている。

約10年前の武蔵小杉駅前は京浜工業地帯の一角として、大きな工場や社宅ばかりの街だった。しかし、バブル崩壊や不景気にともない、郊外へ工場を移転する企業が増え、ぽっかりと何もない土地ができあがった。
現在、武蔵小杉駅には南武線、横須賀線、湘南新宿ライン、東横線、目黒線の5路線が乗り入れている。多摩川沿いの立地で、水と緑が豊富でありながら、都心へのアクセスも良好なこのエリアをデベロッパーが放っておくわけもなく、またたく間にタワーマンションが立ち並んだ。SUUMOが発表している「関東住みたい街ランキング」では最高4位になるなど、人気は高まる一方であったが、今回の台風19号による、風評被害は免れそうにない。
武蔵小杉駅前にある「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」の地下に雨水が浸水し、配電盤が故障。停電と断水が続き、トイレが使えないという事態が発生。その模様はテレビでも広く報道された。さらにネット上では、同マンションの住人同士が掲示板で言い争う模様(真偽は不明)が投稿され、ネット民たちのルサンチマンにより、拡散されてしまった。

19年10月中旬、同タワーマンションに向かうと、エントランス前にはカメラを構えた取材陣が複数。外出する住人を追いかけながら質問を浴びせていたが、迷惑そうな顔で無視をする人がほとんどだった。プレジデント誌取材班も知人をつてに同マンション住人へ取材を申し込むも、「マスコミ対応には災害対策本部を通すように通達がありました」と断られてしまった。管理側も不要な情報を漏らさぬよう、気を使っているようだ。

渦中のタワマンへ、内見に行ってきた

同マンション内ではいったい何が起きているのだろうか。プレジデント誌取材班は、この渦中に同マンションの内見をしたという男性に当時の話を伺った。
「家賃23万3000円、管理費1万5000円の賃貸契約希望で内見に行きました。今回の災害で家賃が下がるのではないかと思い、すぐに連絡をしたのですが、2番手での応募でした。台風でタワーマンションの脆弱さが見えた先月でも、賃貸の人気状況は普段と変わらないそうです」
男性が内見へ行った当日は、水質調査が済んでいなかったことから、飲み水としての水道水の利用は禁止されていたものの、水も電気も復旧し、エレベーターも最上階まで動いていた。しかし一時は、水も電気も使えず、排泄にいたっては各フロアに設置された簡易式トイレを使用するという状況が続き、住人のフラストレーションも溜まっていた。

「こんな状況で家賃を払う義務はあるのか」と苦情を出す賃貸居住者も。だが、あくまで居住者とオーナー個人間の問題であるということでデベロッパーの三井不動産は干渉せず。また、オーナーの多くは中国人投資家だという。そんなこともあり、十分な対応がなされず、トラブルに発展するケースが多数あったようだ。
内見をした男性によると、地下2階にある駐車場でも大きな問題が起きていたという。以下、男性が内見時に担当者から受けた説明だ。
「現在、平面駐車場の車は動かせる状況にありますが、住人同士の公平性を保つため、立体駐車場、平面駐車場ともに使用禁止にしています。また、住人には“数カ月先”まで駐車場は使えないという説明をしていますが、ここだけの話、1年近く先になるのではという話も管理側では出ているんです」
同マンション、ホームページによると駐車場代は月額1万8000円。こちらもあくまで居住者とオーナー個人間の問題とのことで、使用禁止という状況でありながら料金を支払っている住人もいるという。
「しかし、常識的に考えて、支払う必要はありませんので、三井不動産から返金というかたちになるのではと考えられます。購入して住まわれている方に関しては、駐車場代の支払いは原則発生しています」(担当者)
さらに今回は、地下2階は浸水している。ホームページには、『雨天でもぬれることはありません』と明記されているものの、「お気の毒ではありますが、車が故障している可能性もゼロではありません。しかし、駐車場は使用禁止なのでその故障についても確認ができていないというのが現状です」と担当者は話した。

続きはソースで
2019/11/29 17:00
https://president.jp/articles/-/30904

続きを読む

このページのトップヘ