ぎぎぎ速報

2ちゃんねるのニュース速報をランダムにまとめているブログですね。

カテゴリ: 社会

1 :上級国民 ★:2021/12/03(金) 07:32:12.69 ID:73KVfPr/9

サムネイル https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211203-00029844-weather-000-3-view.jpg
提供:ウェザーニュース

山梨県で震度5弱の地震 震源地は山梨県東部・富士五湖 M4.9 津波の心配なし
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20211203-00029844-weather-soci

12月03日 06時37分頃、山梨県で最大震度5弱を観測する地震がありました。

震源地:山梨県東部・富士五湖
マグニチュード:4.9
震源の深さ:約20km
この地震による津波の心配はありません。

震度5弱:【山梨県】大月市御太刀

震度4:【神奈川県】相模原緑区中野 相模原中央区中央 厚木市中町 松田町松田惣領【山梨県】大月市大月

震度3:【群馬県】神流町生利 神流町神ヶ原【埼玉県】埼玉美里町木部 川口市安行領家 秩父市中津川 秩父市大滝【東京都】東京中野区中野 東京北区西ヶ原 東京練馬区東大泉 東京練馬区光が丘 八王子市堀之内 町田市忠生 町田市森野 町田市本町田 小金井市本町 小平市小川町 日野市神明 東村山市本町 国分寺市戸倉 国分寺市本多 東大和市中央 西東京市中町 青梅市日向和田 あきる野市伊奈【神奈川県】相模原緑区大島 相模原緑区久保沢 相模原緑区橋本 相模原中央区上溝 相模原中央区水郷田名 厚木市下津古久 相模原南区相模大野 相模原南区磯部 秦野市曽屋 秦野市平沢 伊勢原市伊勢原 中井町比奈窪 神奈川大井町金子 山北町山北 開成町延沢 愛川町角田 清川村煤ヶ谷 横浜神奈川区神大寺 横浜西区浜松町 横浜中区山手町 横浜中区山下町 横浜保土ケ谷区上菅田町 横浜港北区日吉本町 横浜港北区綱島西 横浜戸塚区戸塚町 横浜戸塚区鳥が丘 横浜旭区今宿東町 横浜旭区上白根町 横浜旭区川井宿町 横浜緑区十日市場町 横浜緑区鴨居 横浜瀬谷区中屋敷 横浜瀬谷区三ツ境 横浜栄区小菅ケ谷 横浜泉区岡津町 横浜泉区和泉町 横浜青葉区榎が丘 横浜青葉区市ケ尾町 川崎高津区下作延 川崎宮前区宮前平 川崎宮前区野川 川崎麻生区万福寺 川崎麻生区片平 藤沢市打戻 藤沢市長後 大和市下鶴間 海老名市大谷 座間市相武台 綾瀬市深谷中 寒川町宮山【山梨県】大月市役所 富士吉田市上吉田 富士吉田市下吉田 都留市上谷 上野原市役所 道志村釜之前 西桂町小沼 忍野村忍草 山中湖村山中 鳴沢村役場 富士河口湖町船津 富士河口湖町長浜 小菅村小菅小学校 丹波山村丹波 甲府市相生 山梨市牧丘町窪平 山梨市小原西 山梨北杜市長坂町 笛吹市境川町藤垈 笛吹市八代町南 笛吹市役所 笛吹市春日居町寺本 甲州市塩山下於曽 甲州市塩山上於曽 甲州市大和町初鹿野 甲州市役所 甲州市勝沼町勝沼 富士川町鰍沢【静岡県】小山町藤曲
※前スレ
【社会】山梨県で震度5弱の地震 震源地は山梨県東部・富士五湖 M4.9 津波の心配なし [上級国民★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638481847/

続きを読む

1 :トモハアリ ★:2021/12/01(水) 03:31:35.94 ID:MhXFqPVR9

サムネイル 警察の交通取締りを受けた人の中には、こんなことを言う人が少なくありません。「ノルマのために検挙しやすい違反ばかり取り締まっているんだろ?」と。

また、過去に執筆した記事に対して「ノルマを達成するための取締りだ」「ノルマについても言及しろ!」という声も多数見かけました。

どうやら、警察はノルマために交通取締りをしているのか疑問があるようですが、勘違いをしている部分もあるように見受けられます。

そこで当記事では、交番勤務や刑事をしてきた私の経験にもとづいて、警察内に「ノルマ」は本当にあるのか、交通取締りについて話していきたいと思います。

※警察内にノルマは存在しないが「目標」はある

一般的に「ノルマ」は必ず達成しなければならない作業量や成績といった意味があるわけですが、警察官の交通取締りにも必ず達成しなければならない「ノルマ」が存在するのかといえば、結論は「NO」です。

なぜなら、どんなに注意深くパトロールしても、ドライバー・ライダーのみなさんが交通ルールを守って運転していれば結果的に違反はゼロとなり、ノルマは達成できないからです。

警察が目標としているのは「事故ゼロ・違反ゼロの社会」なのだから、警察官のノルマ未達成は「ドライバー・ライダーのみなさんが交通ルールを守っている証」として喜ぶべきでしょう。

しかし、警察官が日夜パトロールしていないと交通ルールを守らない人たちが少なからず存在します。

「違反ゼロなんてあり得ない」という考え方ですが、違反が起こるかどうかは予測できないので、警察では「ノルマ」ではなく「目標」という言葉を使っています。

ほかにも、私の知る限りでは「目標」のほか「努力目標」、あるいは「件数」と言われていましたが、ノルマのような数字が警察官個人に課せられているのは事実です。

※「目標=ノルマ」を達成できないとどうなるのか?

上司に「マジメにやっている?」と嫌味を言われることはあるかもしれませんが、だからといって階級が降格したり、給料が下がったりといった処分を受けることもありません。

(中略)

つまり「目標」「努力目標」「件数」と言い方は色々あるにせよそれらは必ず達成しなければいけない「ノルマ」とは別物だといえるでしょう。

とはいえ、反則金の収入は国の重要な財源になっているので、いきなり反則金による収入が0円になれば、どこでその収入分を抽出するのか警察内部で問題になるでしょう。

そうなった場合、警察が管理する道路の整備費用などを流用するのか……もしくは、真っ先に警察官の採用人数が減らされて、財源確保の対策が講じられるかと思われます。

※「目標=ノルマ」が未達成でも刑事課に配属された

どんなに「目標」「努力目標」「件数」と言葉を変えても、達成すべき数字として掲げられていれば目標もノルマのようなものです。

私自身は「目標」として掲げられた数字を達成できなかったからといって不利益を受けた経験はなく、目標未達成でも1年だけの交番勤務ですぐに刑事課に拾い上げてもらえました。

ただ、SNSやネットを見ると「ノルマがきつくて退職した」という元白バイ隊員もいるとのことですから、厳しいノルマを追及される警察官が存在することは否定できません。中には数字を追い求めるばかりに、目を皿にして交差点を見張る警察が存在するのも事実ではあります。

私の経験だけで「ノルマのための取締りではない」と決められるわけではありませんが、すべての警察官がドライバー、ライダーを「数字」や「お金」として見ているわけではないことを知ってもらいたいです。

なので、もし交通取締りをしている警察官を見ても、決して「ノルマのためにやってるんだろ?」と思わず、安全第一を考えて、気を引き締めて運転するようにしましょう。

全文はスレ元へ
11/29(月) 17:14配信 モーサイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b3ed34e8a19336cb35c23efeab92dd27b8a787ff

続きを読む

1 :マカダミア ★:2021/11/30(火) 11:15:26.66 ID:6hFDC3dY9

サムネイル 盛岡市から生活保護費を不正受給したとして夫と共に詐欺の罪に問われた女に対し、盛岡地裁は懲役3年6カ月の実刑判決を言い渡しました。詐欺の罪に問われているのは、住所不定・無職の糸田奈津子被告です。

糸田被告は夫の仁被告と共謀してGOTOトラベルを活用し、実際より安くホテルに宿泊したにも関わらず、正規料金の領収書を盛岡市に送り生活保護費1439万円あまりを騙し取ったとされています。

29日の判決で盛岡地裁の加藤亮裁判長は「生活保護制度を悪用する常習的犯行」と述べ、懲役3年6か月の実刑判決を言い渡しました。控訴について奈津子被告の弁護人は「本人と打ち合わせをして決める」としています。また、夫の仁被告は起訴内容を否認し無罪を主張していて、裁判が続いています。

なお、生活保護費を支給した盛岡市は糸田夫婦への訪問調査を一度もしておらず、県が19日付で改善を求めています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a4041271985d1564a5e6ec47d3aa2e02c6cc6ba

続きを読む

1 :マカダミア ★:2021/11/30(火) 12:32:19.73 ID:6hFDC3dY9

サムネイル クーリングオフ制度があることを知らせずに高額な物干しざおを売りつけたとして、茨城県警生活環境課と日立署は29日、千葉市緑区おゆみ野、訪問販売業、能登谷豪容疑者(40)を特定商取引法違反(不備書面の交付、威迫など)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、4月28日〜10月21日、五霞町の無職男性(83)ら3人に、クーリングオフ制度などについて説明した書面を交付せず、高額な物干しざおの購入を迫ったなどとしている。

 同課などによると、能登谷容疑者は軽トラックで「さおだけ2本で298」とうたい、購入を申し出た男性に「2万9800円。キャンセルは効かない」と迫り、さお2本と物干し台を40万円で販売したうえ、虚偽の連絡先を記した領収書を手渡して立ち去った。能登谷容疑者は「説明はしていないが脅してはいない」と、容疑を一部否認しているという。

https://mainichi.jp/articles/20211130/k00/00m/040/025000c

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638232894/

続きを読む

1 :記憶たどり。 ★:2021/11/30(火) 13:49:38.60 ID:987zc0Ca9

サムネイル https://www.ctv.co.jp/news/articles/knl9gdmoz4dc48un.html

30日未明、愛知県小牧市で住宅が全焼する火事がありました。
住宅からは火炎瓶のようなものが見つかっていて、警察は現場から逃走した男の行方を追っています。

警察によりますと、30日午前3時ごろ、小牧市城山の公務員・滝本裕之さんの住宅で、
「火が出ている」などと滝本さんの妻から警察に通報がありました。

火は約3時間後に消し止められましたが、住宅が全焼し、滝本さんと長女がのどにやけどをするなどして
病院に搬送されました。命に別条はないということです。

捜査関係者によりますと、住宅からは火炎瓶のようなものが見つかりました。

また、滝本さんと顔見知りとみられる男が現場から逃走していて、警察は、
この男が火炎瓶のようなもので放火した疑いもあるとみて行方を追っています。

https://www.ctv.co.jp/news/articles/images/thumb-a9r7egb0o728ab7szmmbe4r6ffcojj.jpg

続きを読む

1 :凜 ★:2021/11/29(月) 22:22:56.68 ID:eFrpImrY9

サムネイル ■NHK(2021年11月29日 18時19分)

健康保険に入ることができない外国人が、高額な医療費の負担を求められ医療を受けられないケースが出ているとして、医療機関でつくる団体が厚生労働省や法務省などに改善を求める要請書を提出しました。

※以下省略、続きはリンク先でお願いします
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211129/k10013366781000.html

■前スレ

★1 2021/11/29(月) 19:06:12.05
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638185139/

続きを読む

1 :凜 ★:2021/11/29(月) 20:25:39.18 ID:3mqY/lcQ9

サムネイル ■NHK(2021年11月29日 18時19分)

健康保険に入ることができない外国人が、高額な医療費の負担を求められ医療を受けられないケースが出ているとして、医療機関でつくる団体が厚生労働省や法務省などに改善を求める要請書を提出しました。

※以下省略、続きはリンク先でお願いします
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211129/k10013366781000.html

■前スレ

★1 2021/11/29(月) 19:06:12.05
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638180372/

続きを読む

1 :記憶たどり。 ★:2021/11/29(月) 09:19:47.90 ID:Fw1nnMVH9

サムネイル https://news.yahoo.co.jp/articles/ac160098a15094aed30dbe40bb7bcc244e06c776

埼玉県の上尾署は28日、現住建造物等放火未遂の疑いで、上尾市小敷谷、無職の男(67)を逮捕した。

逮捕容疑は27日午後9時半ごろ、5階建て団地1階の自宅で、室内の洗濯物に火を付けて部屋を燃やそうとした疑い。

同署によると、男は母親(92)と2人暮らし。母親がすぐに消火し、隣人が119番した。
夕食時に男と母親で口論になっていたという。

男は「火を付けたのは間違いない」と容疑を認めているという。

続きを読む

1 :凜 ★:2021/11/28(日) 04:08:14.10 ID:DNczYxkJ9

サムネイル ■産経新聞(2021/11/26 18:49)

 低体重で生まれた女児に医療を受けさせず、自宅に置き去りにして死なせたとして逮捕、起訴された母親の裁判員裁判判決公判が26日、東京地裁であり、懲役3年執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。一人暮らしで、健康保険料の滞納により保険証を持っていなかった母親は、一度も病院へ行かずに自宅で出産。その後も仕事などで頻繁に家を空け、女児は生後5日目に死亡した。公判で浮かび上がったのは、母親が陥っていた「貧困」と「孤立」だった。

 保護責任者遺棄致死罪に問われたのは、池田知美被告(33)。冒頭陳述や被告人質問によると、定時制高校を卒業後、レストラン勤務を経て飲食店での接客業に従事。令和元年夏ごろ、妊娠に気付いたが、相手とすでに破局しており一人で出産しようと決めた。

 ただ、3〜4年にわたり健康保険料を滞納していた被告は保険証を持っていなかった。母子健康手帳の交付も受けておらず、「病院に行っても取り合ってもらえない」と考えた末、自宅出産を選択した。

 「子供のためにもっと稼がなければ」。出産直前には接客業と掛け持ちで、パチンコ店のホールスタッフとして働き始めた。

 元年12月28日、被告は東京都足立区の自宅で約1500グラムの女児を出産した。妊娠約30週の早産だったとみられる。だが医療措置を受けさせることなく、半日後には、おむつや哺乳瓶、ベビー服を買うため外出。その後もベッドに女児を残し、何度も仕事に出かけるなどしていた。

 生後5日目の2年1月1日。帰宅した被告は、女児が息をしていないことに気づき、自ら119番通報した。女児は急性肺炎で死亡。警視庁は翌2日、被告を逮捕した。

 今月17日から始まった公判で争点となったのは、女児に適切な医療措置を講じる必要性を被告が認識していたかどうかだった。

 検察側は「必要性を認識していたが、医療機関を受診するなど、当然の行いをしなかった」として懲役4年を求刑。これに対し弁護側は「育児用品を購入するなど、一人で育児をしようとしていた。女児がまだ元気だと思い、受診の必要性を感じていなかった」などと無罪を訴えた。

 公判では、被告の貯金が事件当時、わずか2万5千円だったことも明かされた。被告は別居していた実母らと折り合いが悪く、妊娠や出産について、家族に相談することもなかったという。被告人質問では「保険証を持っていたら、病院に連れて行っていたと思う」とも打ち明けた。

 こうした事情を総合的に勘案し、地裁が下したのは、執行猶予付きの有罪判決だった。

 野村賢裁判長は「家族に相談せず、保険証がないから医療機関を頼れないなどとして適切な準備を行わず、独りよがりな選択をして犯行に至っている」と指摘。一方で「育てる努力を重ねるなど、女児の生命をまったくないがしろにしたとまでは評価できない」とも述べ、「相談する人、頼りにする人をぜひつくってほしい。今回のようなことは二度と起こさないように」と被告に説諭した。

※以下省略、続きはリンク先でお願いします
https://www.sankei.com/article/20211126-I3S5KP3KHZPW5EMDN7T5DHGGTM/

■前スレ

★1 2021/11/27(土) 18:21:37.27
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638021858/

続きを読む

1 :凜 ★:2021/11/27(土) 23:04:18.67 ID:StbwdRD59

サムネイル ■産経新聞(2021/11/26 18:49)

 低体重で生まれた女児に医療を受けさせず、自宅に置き去りにして死なせたとして逮捕、起訴された母親の裁判員裁判判決公判が26日、東京地裁であり、懲役3年執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。一人暮らしで、健康保険料の滞納により保険証を持っていなかった母親は、一度も病院へ行かずに自宅で出産。その後も仕事などで頻繁に家を空け、女児は生後5日目に死亡した。公判で浮かび上がったのは、母親が陥っていた「貧困」と「孤立」だった。

 保護責任者遺棄致死罪に問われたのは、池田知美被告(33)。冒頭陳述や被告人質問によると、定時制高校を卒業後、レストラン勤務を経て飲食店での接客業に従事。令和元年夏ごろ、妊娠に気付いたが、相手とすでに破局しており一人で出産しようと決めた。

 ただ、3〜4年にわたり健康保険料を滞納していた被告は保険証を持っていなかった。母子健康手帳の交付も受けておらず、「病院に行っても取り合ってもらえない」と考えた末、自宅出産を選択した。

 「子供のためにもっと稼がなければ」。出産直前には接客業と掛け持ちで、パチンコ店のホールスタッフとして働き始めた。

 元年12月28日、被告は東京都足立区の自宅で約1500グラムの女児を出産した。妊娠約30週の早産だったとみられる。だが医療措置を受けさせることなく、半日後には、おむつや哺乳瓶、ベビー服を買うため外出。その後もベッドに女児を残し、何度も仕事に出かけるなどしていた。

 生後5日目の2年1月1日。帰宅した被告は、女児が息をしていないことに気づき、自ら119番通報した。女児は急性肺炎で死亡。警視庁は翌2日、被告を逮捕した。

 今月17日から始まった公判で争点となったのは、女児に適切な医療措置を講じる必要性を被告が認識していたかどうかだった。

 検察側は「必要性を認識していたが、医療機関を受診するなど、当然の行いをしなかった」として懲役4年を求刑。これに対し弁護側は「育児用品を購入するなど、一人で育児をしようとしていた。女児がまだ元気だと思い、受診の必要性を感じていなかった」などと無罪を訴えた。

 公判では、被告の貯金が事件当時、わずか2万5千円だったことも明かされた。被告は別居していた実母らと折り合いが悪く、妊娠や出産について、家族に相談することもなかったという。被告人質問では「保険証を持っていたら、病院に連れて行っていたと思う」とも打ち明けた。

 こうした事情を総合的に勘案し、地裁が下したのは、執行猶予付きの有罪判決だった。

 野村賢裁判長は「家族に相談せず、保険証がないから医療機関を頼れないなどとして適切な準備を行わず、独りよがりな選択をして犯行に至っている」と指摘。一方で「育てる努力を重ねるなど、女児の生命をまったくないがしろにしたとまでは評価できない」とも述べ、「相談する人、頼りにする人をぜひつくってほしい。今回のようなことは二度と起こさないように」と被告に説諭した。

※以下省略、続きはリンク先でお願いします
https://www.sankei.com/article/20211126-I3S5KP3KHZPW5EMDN7T5DHGGTM/

■前スレ

★1 2021/11/27(土) 18:21:37.27
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638011827/

続きを読む

このページのトップヘ