ぎぎぎ速報

2ちゃんねるのニュース速報をランダムにまとめているブログですね。

カテゴリ: 福岡

1 :すらいむ ★:2019/12/29(日) 19:21:15.30 ID:sPai96B39

サムネイル 看護師が入院患者の腕時計を…質入れ記録から浮上

 北九州市で入院患者の男性の腕時計を盗んだとして、看護師の女が逮捕されました。

 金子美香容疑者(44)は、22日から23日の間に勤務する北九州市の病院に入院中の男性患者(63)から100万円相当の腕時計を盗んだ疑いが持たれています。
 男性の妻からの被害届を受けて警察が捜査していたところ、腕時計が質入れされていたことが分かり、その記録から金子容疑者が浮上したということです。
 金子容疑者は容疑を否認しています。
 病院は「ご迷惑をお掛けして申し訳ない。職員の指導を徹底する」としています。

テレ朝news 2019年12月29日 18時11分
https://news.livedoor.com/article/detail/17597679/

続きを読む

1 :シャチ ★ :2019/12/09(月) 22:10:19 ID:4MqQ6xGQ9

サムネイル 母国を支えてくれたヒーローを決して忘れず、思いを継いでいきます−。福岡に戻ってきた中村哲さんに感謝の思いを伝えようと、福岡空港には9日午前、九州各地から約50人のアフガニスタン人が集まり、展望デッキで写真や横断幕を掲げて航空機を出迎えた。

 「親愛なる中村哲さん、お帰りなさい。私たちがいるのは、あなたの真心のおかげです」。福岡県福津市の会社員、ラスゥリ・ガニさん(37)は周りの仲間に向かって語り始めた。

 それぞれが手にするのは、緑に変わった母国の大地や、優しくほほえむ中村さんの写真。その中には「あなたは私たちのヒーローです」という手書きのメッセージに加え「守れなくて申し訳ない」という一文も。同市の会社員、ムヒビ・ムジュタバさん(24)は「30年以上、愛する家族と故郷を離れ、支援してくれた。守れなかったことがとても悔しい」と言葉を絞り出した。

 午前10時ごろ、中村さんのひつぎを乗せた航空機が滑走路に到着するのを静かに見守った。アフガン出身の自営業の男性(41)は「彼のような取り組みが本当の平和をつくる。戦闘機や兵隊はいらないということを教えてくれた」。福岡第一高2年のムサビ・アカさん(18)は「中村先生はいつも心の中にいる。貧しい人たちのために自分も何かしたい」と誓っていた。(御厨尚陽)

西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/566531/

続きを読む

1 :樽悶 ★:2019/11/27(水) 23:26:55.72 ID:4r75N9c49

サムネイル  昨年7月に肺がんのため67歳で死去した松本龍・元環境相をしのぶ会が22日、福岡市内のホテルで開かれた。親交のあった約300人が出席し、人柄や功績をしのんだ。

 松本氏の祖父で「部落解放の父」と呼ばれた故・松本治一郎元参院副議長の命日に合わせ、実行委員会が「松本精神の継承と故松本龍さんを偲(しの)ぶ会」として開いた。

 小川洋知事や福山哲郎・立憲民主党幹事長らが出席し、松本氏が議長を務めた2010年の国連生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で、名古屋議定書採択に導いた交渉などの思い出を振り返った。

 松本氏は社民党を経て1996年の旧民主党結党に参画し、民主党政権で環境相と防災担当相などを歴任した。【加藤小夜】

毎日新聞 2019年11月23日
https://mainichi.jp/articles/20191123/ddl/k40/010/370000c?inb=ra

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/11/25(月) 14:06:53.25 ID:u9dBf7e89

サムネイル おととし福岡市で、福岡県警の白バイと自転車が衝突し、けがをした自転車の60代の女性と福岡県警が、それぞれ相手の過失で事故が起きたと主張し、双方が裁判を起こして争うことになりました。

県警は当時、事故を公表していませんでした。

福岡県警察本部によりますと、おととし5月、福岡市中央区桜坂の路上で、自転車に乗った60代の女性が道路を横断しようとした際、正面から走ってきた30代の巡査長が運転する白バイと衝突しました。

白バイはパトロール中で、女性は、左胸の骨を折るけがを負い、示談が成立しなかったことなどからことし4月、福岡県警に対して治療費など390万円の賠償を求める訴えを裁判所に起こしました。

一方、福岡県警は、ドライブレコーダーの映像などから、過失があったのは急に道路に飛び出してきた女性のほうだとして、白バイの修理代などおよそ40万円の賠償を求めて訴えを起こす方針で、議案を来月の県議会に提出することにしています。

それぞれ相手の過失で事故が起きたと主張し、双方が別々に裁判を起こして争うことになりました。

県警側の提訴の対応は異例だということです。

一方、この事故について、当時、福岡県警は公表していませんでした。

非公表とした理由について「重大事故ではなく公表事案と判断しなかった」としています。

11月25日 12時25分
https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20191125/5010006187.html

続きを読む

1 :シャチ ★ :2019/11/22(金) 10:01:01.80 ID:e86NcXDd9

サムネイル  九州最大の繁華街で多くの若者も訪れる福岡市・天神に関し、気になる声が会員制交流サイト(SNS)に相次ぎ寄せられている。若者が嫌う高周波音(モスキート音)が天神中心部の警固公園付近で聞こえる、というのだ。JR博多駅前の商業施設に設置されている発生装置はネズミ対策らしいが、天神の場合、どうもターゲットは違う様子。どういうことだろうか。

 ツイッターの声を拾った。「警固公園モスキートやばくない?」「警固公園モスキート流れてるから気を付けて」「警固公園うるさいな。耳壊れるわ」。“リアル”な声にも触れた。「狙いは路上演奏をする僕らでは。夜、弾き語りを始めるとキーンて鳴るし」(20代男性)。彼の証言を基に発生源を探した。

深夜の路上演奏が常態化
 西鉄天神大牟田線の福岡(天神)駅や西鉄高速バスターミナル、福岡三越が入居するソラリアターミナルビル。警固公園に面するビル外壁の高さ約3メートル部分に、小型スピーカーのような箱形の装置が取り付けられている。ビルを管理する西日本鉄道(福岡市)に聞くと、答えが返った。

 「若い人たちの路上演奏を防ぐための高周波音発生装置です。ビル軒下の約100メートル区間に計4基付けています」

 西鉄によると、ここでは若者による深夜の路上演奏が常態化。中には50人超の聴衆を集める人気者もいる。ホテル宿泊客らから苦情が絶えず、県警と協議し、今年3月に設置した。「警備員が逆ギレした聴衆に因縁を付けられ、襲われそうになった事案も。苦肉の策です」と西鉄は明かす。

設置後は苦情減
 装置は平日・週末を問わず午後10時〜翌日午前2時、演奏が集中する2カ所に向けて高周波音を放射する。装置の説明書には「20代前半までの人に不快な音が聞こえ、居心地が悪くなる」と書いてあるらしい。

 設置後は苦情が減り、一定の効果はあるようだが、若者には不評だ。「ガラスの破片で頭を刺される気分」(20代女性)、「虐待行為。やりすぎだ」(20代男性)。SNSでは「赤ちゃんが号泣する」との声もあった。西鉄は「放射範囲と作動時間を絞り、影響は最小限に抑えている」と訴える。
(以下ソースで)

11/22(金) 9:57配信西日本新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00010001-nishinp-soci
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191122-00010001-nishinp-000-1-view.jpg

続きを読む

1 :シャチ ★ :2019/11/13(水) 14:32:05 ID:xt4adtp39

サムネイル  福岡県大川市立川口小学校で2017年、4年梅崎晴翔君=当時(10)=が倒れた小型ゴールの下敷きになり死亡した事故で、遺族が13日、安全管理を怠ったとして市に約4300万円の損害賠償を求め、福岡地裁柳川支部に提訴した。

 遺族側は、学校がゴールポストを固定せず、月1回実施することになっていた安全点検も16年11月以降行っていなかったとして、管理に問題があったと主張。事故後の市の調査も、なぜ点検されなかったかなどが明らかでなく不十分だと指摘している。

 梅崎君は17年1月、サッカーの授業中、ゴール上のネットにぶら下がり落下した直後、倒れたゴールに挟まれ死亡した。

ソース 共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000066-kyodonews-soci

続きを読む

1 :かばほ〜るφ ★:2019/11/10(日) 15:37:27.13 ID:xqXD1IMM9

サムネイル 路上で斧を持って「脅す」 59歳の男を逮捕
11/10(日) 12:30配信

9日夜、福岡市の路上で斧を持って雇い主の男性を脅した疑いで59歳の男が逮捕されました。

暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されたのは、福岡市早良区の無職、内山美幸容疑者(59)です。

警察によりますと、内山容疑者は、賃金を巡り電話で口論となったアルバイトの雇い主の男性(55)に
自宅前の路上で刃渡り10センチメートルほどの斧を手にし、
「そうたい、殺してやるったい」などと脅した疑いがもたれています。

内山容疑者は男性らに取り押さえられ警察に引き渡されました。男性にけがはありませんでした。

警察の調べに対し、内山容疑者は「斧は護身用に持っており、殺してやると言った覚えはない」と容疑を否認しています。

11/10(日) 12:30配信 九州朝日放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-12838104-kbcv-l40

続きを読む

1 :ばーど ★:2019/11/07(Thu) 21:11:26 ID:+Kb7+n1b9

サムネイル 福岡県田川市で昨年11月下旬、1歳4カ月の三男にエアガンでBB弾を多数命中させ、けがをさせたとして両親が傷害容疑で逮捕された事件で、4歳の長男が「パパが撃った」と説明していることが、複数の関係者への取材で明らかになった。三男の全身に見つかったあざは数日間にわたってできたとみられ、県警は父親がエアガンで撃つ虐待を日常的に繰り返していた可能性も視野に調べる。

 6日に逮捕されたのは、父親で同市伊加利(いかり)の土木業、常慶(じょうけい)雅則(24)と、母親で無職の藍(24)の両容疑者。2人はいずれも「撃ったことはない」と容疑を否認している。

 捜査関係者によると、三男の唯雅(ゆいが)ちゃんにはBB弾によるとみられる直径数ミリのあざが顔面を含めて数十カ所あった。解剖の結果、あざができた時期にばらつきがあり、数日から1週間かけてできた可能性があることが判明。皮下出血の状況から室内で近距離から撃たれたとみられる。県警は幼い長男の目撃証言の信用性を見極めながら、エアガン発射の実行者の特定を進める。

 事件は昨年12月1日未明、藍容疑者から「息子が心肺停止状態です」と119番があり、搬送先の病院であざが見つかって発覚した。唯雅ちゃんは同日朝に肺炎で死亡した。県警は2人が虐待の発覚を恐れ、危篤状態に陥るまで医療機関に受診させなかった可能性もあるとみている。

 一方、7日に記者会見した田川市によると、両容疑者の次男が2016年6月に乳幼児突然死症候群(SIDS)で死亡したことを受け、若い夫婦を支援する必要があると判断。17年5月、市や県田川市児童相談所などの関係機関で構成する要保護児童対策地域協議会(要対協)が一家を「支援が必要な家庭」と認定したが、「虐待があるという認識はなかった」としている。

 同7月の唯雅ちゃん誕生後は、同11月と18年6、7月の少なくとも計3回、自宅や市役所で担当職員が唯雅ちゃんと面会したが、目視で「不審に思う点はなかった」という。18年1月に長男のほっぺたが腫れているとの情報を受け訪問した児相も一家について「問題はない」と判断していた。

 会見で田川市の宮崎博士・市民生活部長は「幼い命を救うことができず痛恨の極みだ」と述べた。【柿崎誠、峰下喜之、浅野孝仁】

11/7(木) 20:58
毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000058-mai-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000058-mai-soci

続きを読む

1 :かに玉 ★:2019/10/24(木) 02:00:15.51 ID:/54mlaGo9

サムネイル 10/23(水) 20:00 テレビ西日本
「人の車を壊すことで快感を得ていた」車のリアガラスをたたき割ったとして逮捕・起訴されている中間市職員の男が停職の懲戒処分を受けました。

10月21日付けで停職6カ月の懲戒処分を受けたのは、中間市の建設課に勤務する48歳の男性職員です。

中間市などによりますと、男性職員は2019年8月、中間市長津のホテルの駐車場で車のリアガラスを金槌でたたき割ったとして逮捕・起訴されています。

男性職員は同様の方法でほかにも8台の車のフロントガラスなどを傷つけ「人の車を壊すことで快感を得ていた。自分本位のことで大変申し訳ない」などと中間市に説明し、退職の意思を示しているということです。

福田中間市長は「綱紀粛正を徹底し、信頼回復に向けて職員一同取り組みたい」とコメントしています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00000004-tncv-l40

続きを読む

1 :ガーディス ★:2019/10/23(水) 13:45:24.34 ID:aJozFrqP9

サムネイル 福岡県宗像市の保育園に勤務する40歳女性の副園長が、園児に対し日常的に暴力を振るっていたとして、傷害の容疑で逮捕されたことが判明。相次ぐベテランの暴力行為に怒りの声が上がっている。

 逮捕されたのは、宗像市の保育園に勤務する40歳の副園長。今年6月、体操の「ブリッジ歩き」を指導している際、6歳男児の顔を殴った。怪我を指摘する保育園関係者はいなかったが、迎えに来た母親が顔を見て気が付く。理由を聞かれた副園長は「どこかにぶつけたのでは」ととぼけていたが、母親が後日再度聞いてみると、「手が当たった」などと話したため、警察に被害届を提出し、21日に逮捕された。

 その後、宗像市が調査に乗り出すと、驚きの内情が発覚。2011年の副園長就任後、保育園に勤務した60人の職員が退職しているほか、暴力行為もひどく、「トイレの前で食事させられた」「給食の味噌汁を子供にかけていた」「園児を階段から蹴り落とした」などの報告も寄せられているという。

 それなりに経験を持った40歳の副園長が日常的に暴力行為をしていた事実には驚いてしまうが、このような事案はほかにも発生している。リアルライブでも報じたが、今年10月埼玉県加須市の保育園で、40代の主任保育士が園児に対し日常的に、「まぬけ」「のろま」などの暴言を吐く、頭同士をぶつけるなどの暴力行為をしていたことが発覚し、退職に追い込まれている。

 保育園勤務経験者はこう話す。

 「どの職業でも同じですが、ある程度ベテランになると、初心を忘れ流れ作業になってしまう部分がある。副園長も初心を忘れたのでしょう。副園長ともなれば、指導方法に誰も文句は言えませんし、どんどん独善的になっていったのではないかと思います。

 保育園児といっても生意気な子は多いし、イラッとすることもしょっちゅう。体を触ってくるのもいますしね。わがまま放題な子供を教育する時に厳し目な言葉をかけることはありますが、暴力は絶対にしませんし、それをやってはいけないと思います。

 推測ですが、退職者が多いのは、楯突いた人間を片っ端から辞めさせていったのではないかと。こういう人間に権力を持たせた運営者の判断ミスと言わざるを得ないですね」

 氷山の一角とも言われる保育園児に対する保育士の暴力。痛い思いをする園児が出ないよう、チェックをしてもらいたい。

文 櫻井哲夫
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17272872/

続きを読む

このページのトップヘ