ぎぎぎ速報

2ちゃんねるのニュース速報をランダムにまとめているブログですね。

カテゴリ: 北ミサイル

1 :夕凪らっこちゃん ★:2017/12/23(土) 18:05:03.33 ID:CAP_USER9

サムネイル 「イージス・アショア」導入に断固抗議する(談話)
社会民主党幹事長 又市 征治

本日、政府は、地上配備型の新たな迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を2基、自衛隊に導入する方針を閣議決定した。
射程は2000キロ、迎撃できる高度が約1000キロとなり、現在のイージス艦の迎撃ミサイルの倍となる。
「イージス・アショア」の導入は、憲法上の疑義をはじめ、様々な問題があり、社民党は断固反対する。

「イージス・アショア」の導入は、北朝鮮の核・ミサイル開発など東アジアの安全保障環境が悪化への対応が理由とされているが、
じっさいは弾道ミサイルだけでなく巡航ミサイルなども迎撃対象とする、アメリカが描く新たな防空構想「統合防空ミサイル防衛(IAMD)」へ参加の一環でもある。
国会での論議や十分な国民的議論のないまま、日米軍事一体化の強化を政権が強行することは断じて認められない。

「イージス・アショア」や長距離巡航ミサイルなど、朝鮮半島の緊張を利用して米国から武器等を購入することは、
軍事的な日米の経済連携を推進することにつながり、かえって東アジアの緊張を高め、地域の軍拡競争を招きかねない。
「ミサイル防衛」自体、同時多発攻撃や「ロフテッド軌道」への対応を含む実際の迎撃能力は疑問視されている。
北朝鮮の核・ミサイル問題に対しては、圧力や軍事力による対決ではなく、粘り強い対話を基調とした外交的努力によって解決をはかるべきである。

社民党は、問題の多い「イージス・アショア」の配備阻止に全力で取り組むとともに、
「戦争法」に基づく自衛隊と米軍の一体化、自衛隊の「国防軍化」につながる際限のない軍事費の膨張に歯止めをかけていく。

全文はソースで、12月19日 社民公式
http://www5.sdp.or.jp/comment/2017/12/19/「イージス・アショア」導入に断固抗議する(談/
より沢山の政治記事をお探しの方は「政治ニュース+」板へどうぞ
http://fate.2ch.net/seijinewsplus/
関連スレ
【北ミサイル】地上迎撃システム、立憲民主党福山氏「喫緊の北朝鮮情勢に対応できるのか」 希望・玉木氏「本当に必要か国会で説明を」
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513993982/
【北ミサイル】安倍内閣が陸上迎撃「イージス・アショア」を導入決定 自民は敵基地攻撃能力も要求 共産党「大軍拡の中止」を主張
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513990987/

続きを読む

1 :夕凪らっこちゃん ★:2017/12/23(土) 10:53:02.67 ID:CAP_USER9

サムネイル  北朝鮮の核・ミサイル開発が新たな段階の脅威となる中、政府は19日の閣議で、弾道ミサイルによる攻撃に備えて
防衛能力を高める必要があるとして、地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基を導入することを決めました。

 1基当たりの価格は現時点で1000億円弱になる見通しで、政府は今年度の補正予算案にアメリカから技術支援を受ける費用などとして28億円、
来年度予算案に基本設計などの費用として7億円余りをそれぞれ盛り込むことにしています。

 小野寺防衛大臣は閣議の後の記者会見で「イージスアショアの導入によって、平素から日本を常時、持続的に防護できるようになり、
弾道ミサイル防衛能力の抜本的な向上が図られると考えている。現在、イージス艦のイージスシステムを取得するには5年ほどかかることから、
なるべく早く導入したいと思うが、この年限を目安に検討していく」と述べました。

 立民 福山幹事長「予算審議でしっかりと議論」
立憲民主党の福山幹事長は、国会内で記者団に対し、「緊迫する北朝鮮情勢や安全保障環境が極めて厳しいことを考えれば、
必要な防衛力の整備を否定するものではない。ただ、費用対効果の問題もあり、喫緊の北朝鮮情勢に対応できる訳ではないので、
予算審議の中で、しっかりと議論し、政府に説明を求めていきたい」と述べました。

 希望 玉木代表「必要性の議論行うべき」
希望の党の玉木代表は記者会見で「わが国全体の防衛体制や防衛計画が変わるのか、きちんとした全体像を示してもらうのが先だ。
『イージス艦だけでは、本当に足りないのか』といった『イージス・アショア』の必要性の議論を行うべきで、国会でも説明を求めていきたい」と述べました。

全文はソースで、NHK 12月19日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171219/k10011263731000.html
より沢山の政治記事をお探しの方は「政治ニュース+」板へどうぞ
http://fate.2ch.net/seijinewsplus/
関連スレ
【北ミサイル】安倍内閣が陸上迎撃「イージス・アショア」を導入決定 自民は敵基地攻撃能力も要求 共産党「大軍拡の中止」を主張
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513990987/
【北朝鮮問題】巡航ミサイル検討、共産党「直ちにやめるべき」 立憲民主党「姑息な形で進めれば国益に反する」 民進党「国会で審議を」
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512793066/

続きを読む

1 :かぜのこ ★ :2017/12/02(土) 00:44:10.82 ID:CAP_USER9

サムネイル 民進党や立憲民主党など野党6党の国会対策委員長は29日午後、国会内で会談し、
北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受けて、対応を協議しました。

この中では、北朝鮮に強く抗議するとともに、北朝鮮情勢をめぐる政府の対応をただす必要があるとして、
安倍総理大臣や関係閣僚の出席を求めて、衆議院予算委員会で集中審議を行うよう与党側に求めていくことで一致しました。

また、会談では衆議院本会議で北朝鮮に対する非難決議を行う際には、
与野党の幹事長・書記局長らによる会談を開催するよう求めていくことも確認しました。

このあと立憲民主党の辻元国会対策委員長が自民党の森山国会対策委員長と会談し、
予算委員会での集中審議の開催などを求めたのに対し、森山氏は
「今の国会では日程がタイトで集中審議は難しい」などと応じられないという考えを伝えました。

 (※詳細・全文は引用元へ→ NHK 11月29日 16時20分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171129/k10011239931000.html

続きを読む

1 :孤高の旅人 ★:2017/12/01(金) 03:44:30.25 ID:CAP_USER9

サムネイル 日本政府、米政府「海上封鎖」発言に困惑 手足縛られ協力できず「圧力強化」方針と矛盾
2017.11.30 20:42

 北朝鮮による11月29日の弾道ミサイル発射を受け、米政府が打ち出した新たな対北圧力をめぐり、日本政府が対応に苦慮している。ティラーソン米国務長官が北朝鮮に対する海上封鎖ともとれる追加措置の必要性を訴えたが、日本政府は憲法上の制約から参加できない可能性があるためだ。安倍晋三政権はトランプ政権とともに圧力を強化する方針を掲げるが、これと矛盾する事態となりかねない。
 「ティラーソンが何を目指すのか分からない。日本にはできないこともある」
 外務省幹部は30日、困惑の表情を隠さなかった。ティラーソン氏が弾道ミサイル発射直後に発表した声明で「国際社会は実施中の国連制裁に加え、北朝鮮に出入りする物資の海上輸送を阻止する必要がある」と指摘したからだ。
 海上封鎖を目的とした臨検は国際法上、武力行使とみなされる。国連安全保障理事会が9月に対北制裁決議を採択した際、貨物船臨検のため「あらゆる必要な措置」を認める米政府草案に対し、中露両国は「軍事手段の容認につながる」として反対した。
 ティラーソン氏の意図が海上封鎖にあるならば、自衛隊や海上保安庁は参加できない。政府が存立危機事態か武力攻撃事態と認定しない限り、日本が米軍などによる臨検に協力すれば憲法が禁じる「武力行使の一体化」に当たる。

以下はソース元で
http://www.sankei.com/politics/news/171130/plt1711300030-n1.html

続きを読む

1 :孤高の旅人 ★:2017/12/01(金) 04:49:02.82 ID:CAP_USER9

サムネイル 「北の100隻沈没のはず」…飛翔体目撃の漁師
2017年11月30日 17時50分

 北朝鮮が発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)が青森県西方の沖合約250キロ・メートルに落下した29日、日本海の好漁場「大和やまと堆たい」で操業していた石川県漁協の中型イカ釣り漁船3隻が読売新聞の電話取材に応じ、ミサイルとみられる「赤く光る飛翔ひしょう体」を目撃したと証言した。
 石川県は29日朝、被害がないことを確認したが、漁船は落下地点から約140キロの近さで操業していた。命をかけて漁を行う漁師や家族からは、不安と憤りの声が上がった。
 「炎を噴き出しながら赤く光る物体が頭の上を飛んでいった」。能登半島北方約300キロの大和堆の南方海域で操業していた中型イカ釣り漁船「第68徳洋丸」(能登町)の船長(70)は午前4時頃、男性機関長からの報告に衝撃を受けた。船に備えられた衛星放送が映るテレビでニュースを確認すると、「北朝鮮がミサイルを発射した」と報じていた。船長は「まさかミサイルだったなんて……」とため息をついた。
 同じ頃、同海域で操業する別の漁船「第5成雄丸」(同町)の船長(55)にも目撃の一報が入った。飛翔体は「流れ星よりも大きく見えた」という。船長は「ついに私たちの目の届くところにミサイルを発射してきた。生命の危機を感じながら操業する漁師のためにも政府には厳しく対応してもらいたい」と憤った。別の漁船「第88輪島丸」(輪島市)の乗組員も飛翔体を目撃した。
 3隻は県漁協のイカ釣り漁船でつくる「石川小木船団」(全12隻)で、現在は大和堆の南方海域で操業している。船団長(64)によると、操業海域はミサイルの落下地点から南西に約140キロしか離れていないとみられるという。
 海は近日、しけが続き、荒れている。20日夕には北朝鮮からとみられる木造船5隻ほどが沈んでいたのを確認した。船団長は「大和堆周辺だけでも100隻ほどが沈没しているのではないか。自国の漁師の命を軽視する北朝鮮が許せない」と話した。
 家で帰りを待つ漁師の家族も心配でならない。府中船長の妻(51)は29日朝、能登町宇出津の自宅でニュースを見て、夫の無事を祈った。夫から衛星を利用した船舶電話で無事を知らせる電話があったのは午前9時過ぎ。夫の無事を確認し、「近くに落ちなくてよかった」と胸をなで下ろした。
 漁は、しけなどの海の状況に左右されるため、どこで操業しているかは家族にもわからない。妻は嘆く。「ミサイルが発射される度に心配でたまりません」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171130-OYT1T50016.html

続きを読む

1 :影のたけし軍団 ★:2017/11/30(木) 13:19:42.42 ID:CAP_USER9

サムネイル 「フェーズが変わった」 日本政府、米軍事行動への対応も視野に


北朝鮮が29日未明に弾道ミサイルを発射したことを受け、
安倍晋三首相とトランプ米大統領は発射の約3時間後に電話会談するなど、対応には危機感があふれた。

9月には国連安全保障理事会が中国やロシアも加わり厳しい制裁決議を決めたにもかかわらず、北の暴走は止まらない。
与党関係者は「フェーズが変わった」と語り、水面下では米国の軍事行動が起きた際の対応も進める。

複数の政府・与党関係者は今回の発射について「状況は政府が10月の衆院選前に想定したシミュレーション通りだ。
年末年始に向けて北朝鮮状況はますます厳しくなる」と打ち明ける。

圧力強化の中で北朝鮮が高性能のミサイル発射を強行したのは事実で、米国による軍事行動の可能性は濃厚になりつつある。
政府は在韓邦人の救出や、年末年始に韓国に渡航する邦人に対する渡航情報についても対応を検討するとみられる。
http://www.sankei.com/politics/news/171129/plt1711290060-n1.html

続きを読む

1 :孤高の旅人 ★:2017/10/14(土) 12:34:39.24 ID:CAP_USER9

サムネイル 北朝鮮、グアム周辺へのミサイル発射を再び示唆
2017.10.14 Sat posted at 12:19 JST

東京(CNN)?北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は13日、米国による「無謀な動き」があれば北朝鮮政府は行動を取らざるを得なくなると警告し、米領グアム周辺に向けてミサイルを発射する可能性を改めて報じた。
KCNAは外務省米国研究所の研究員の話として、「われわれは既に幾度か、米領グアム周辺の海域へのミサイル発射を含む自衛のための対抗措置を取ると警告してきた」と伝えた。
研究員はそのうえで「米国の軍事行動は、米国を炎で抑え付けなければならないとの我々の決意を固めさせ、最も強硬な対抗措置を取るための『引き金』に我々の手を近づけさせている」と続けた。
トランプ米大統領は8月、北朝鮮が小型核弾頭を生産したとの米情報機関の評価を受け、北朝鮮政権は「世界が見たこともないような炎と怒りに直面」することになると警告。これに対し北朝鮮は、グアム周辺を標的にする計画を検討していると明らかにしていた。
KCNAは米国の「挑発行為」として、トランプ大統領による一連の激しい威嚇、朝鮮半島近海への米原子力潜水艦や空母の最近の配備、米国と韓国による新たな合同海軍演習などを列挙。「朝鮮半島情勢を爆発にまで追い込む」責任は米国のみにあると結んだ。
北朝鮮政府による今回の警告に先立っては、数週間にわたり緊張が高まっていた。16日には米韓両国による合同海軍演習が始まる予定で、緊張がさらに高まるのは必至だ。
https://www.cnn.co.jp/world/35108775.html?tag=top;mainStory

続きを読む

1 :孤高の旅人 ★:2017/10/07(土) 17:21:54.26 ID:CAP_USER9

サムネイル 北朝鮮 米西海岸射程のミサイル発射準備か
10月7日 16時57分

北朝鮮を訪問したロシアの議員団が、北朝鮮が近く、アメリカ西海岸にも到達可能な、新たな長距離ミサイルの発射実験を計画していることを明らかにし、今月10日の朝鮮労働党の創立記念日を前に、各国は新たな軍事挑発の動きを警戒しています。

ロシア国営通信によりますと、ロシア議会下院の極右政党「ロシア自由民主党」の議員団は、今月2日から6日までの日程で北朝鮮を訪れ、政権の幹部らと会談しました。

訪問を終えた議員団のひとり、モロゾフ議員は6日、「北朝鮮は新たな長距離ミサイルの発射実験を準備している。計算式を用いて、ミサイルはアメリカ西海岸にも到達可能だと示した」と述べ、北朝鮮が近く、長距離ミサイルの発射実験を計画していることを明らかにしました。

モロゾフ議員によりますと、北朝鮮は、ミサイルの弾頭を大気圏に再突入させ、制御する技術を確立したと主張し、軍事的な士気も十分に高かったということです。

北朝鮮では、今月10日が、朝鮮労働党創立72年の記念日で、これに合わせて指導部が、核や弾道ミサイルの開発を進めるキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長をたたえ、さらなる権威づけを図ると見られていることから、各国は新たな軍事挑発の動きを警戒しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171007/k10011171351000.html

続きを読む

1 :nita ★:2017/09/18(月) 06:55:33.41 ID:CAP_USER9

>>1の続き

 このうち7月28日は、首相は確かに前日は公邸に宿泊していたが、28日夕方を過ぎてもミサイル発射はなく、首相も東京・富ヶ谷の私邸に一度戻っていた。北朝鮮は同日午後11時42分にミサイルを発射し、首相は日付が変わった翌29日午前0時13分に私邸を出発し、官邸に戻って国家安全保障会議(NSC)を開いて対応を指示した。

 6月8日のミサイル発射は日本のEEZには着水せず、わが国の安全保障には影響ないものだった。この4回以外では、ミサイル発射前日の首相の宿泊先は私邸か外遊先だった。

 プロの新聞記者ならずとも、公開された上記のデータを調べれば事実はすぐに分かることだが、望月記者はそういう取材はしていないようだ。

 北朝鮮はミサイル発射のほかにも、9月3日に通算6回目となる核実験を行ったが、その前日の首相の宿泊先は私邸だった。核実験当日の3日朝はトランプ米大統領との日米電話会談のため公邸に入ったが、会談終了後は一度私邸に帰宅。昼に核実験の一報が入り、首相は午後に公邸に戻っている。

 政府関係者の一人は「いろんな情報があるので、ある程度の兆候は把握している」と明かす。ただ、兆候があったとしても最終的に本当にミサイル発射や核実験を強行するのかどうか、そしてそれがいつになるのかを事前に、かつ正確に把握するのは極めて困難だ。別の政府関係者は「兆候だけの段階で、国民に発表することなんてできない」と話し、政府として北朝鮮の動向に常に注意を払いつつ、国内で不要な混乱を招かないよう考慮している様子がうかがえる。

 ちなみに、望月記者が指摘していた9月9日は北朝鮮の建国記念日で、国内外の多くのメディアが同日前後のミサイル発射の可能性を報じていた。首相は8日夜にフランスのマクロン大統領と電話で会談した後、そのまま公邸に宿泊した。ただ、北朝鮮は9日にミサイルを発射せず、首相は昼に東京・銀座で書道展に臨んだ後、私邸に戻っている。

 こうした噂について、全国瞬時警報システム(Jアラート)になぞらえて「A(安倍)アラート」などと面白おかしく記事にしていた週刊誌などもあった。しかし、実際には首相の宿泊先にかかわらず、ミサイルが発射される可能性は常にある。政府高官は「公邸でも私邸でも外遊先でも、首相は指示を出せるし、連絡はできる態勢は常にとっている」と強調した上で「兆候が分かったとしても、いつミサイルを発射するかなんて、分からない。分からないからこそ、常に準備をしておくことが重要だ」と話した。

 われわれ国民も、根拠不明の臆測に振り回されることなく、一方で不測の事態がいつでも起こりうることを改めて認識し、万が一に備えて日頃から冷静に避難行動や経路などを確認しておく必要がある。 (政治部 大島悠亮)

2017.9.18 01:00

 安倍晋三首相(62)が首相公邸に泊まれば、その翌日に北朝鮮がミサイルを発射する−。こんな噂が一部でささやかれている。これは北朝鮮が8月にミサイルを2回発射した際、いずれも前日に首相が公邸に宿泊していたことが根拠だという。だが、首相は今年1月から9月中旬までに公邸に計70回以上宿泊したが、15回のミサイル発射のうち、前日に首相が公邸に泊まっていたのは8月の2回を含めて4回にとどまる。今月15日朝のミサイル発射も首相が外遊から帰国中に強行し、この噂は的外れのようだ。

 「公邸に泊まった次の日だけ発射している。これは今後、政府が何も言わなくても首相動静を見て公邸に泊まると思ったら、次の日はミサイルが飛ぶのか」

 事前通告のない北朝鮮のミサイルが北海道の襟裳(えりも)岬上空を通過した2日後の8月31日。首相官邸で行われた菅義偉官房長官の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者がこんな質問をぶつけた。

 さらに望月記者は「前夜にある程度の状況を把握していたとなると、なぜ事前に国民に知らせていないのか」「9月9日にまた発射するんじゃないかという情報があるが、前夜に泊まるのか」とたたみかけた。これに対し、菅氏はこう突き放した。

 「政権として万全の体制で国民の安全・安心を守ることが何か悪いことのように聞こえるが、政府としては常日頃から冷静に国民の安全・安心を守ることに万全を尽くしている」

 果たして望月記者が指摘するように、本当に公邸に泊まった次の日「だけ」、ミサイルが発射されているのか。確かに8月「だけ」調べると、首相が公邸に泊まったのは25、28、31日夜の3泊のみで、このうち25、28両日の翌朝にはそれぞれ北朝鮮からミサイルが発射された。

 だが、本紙で掲載している「安倍日誌」で今年1月からの首相の動向を調べてみると、首相の公邸泊と北朝鮮のミサイル発射は直接関係ないことがはっきりと見えてくる。首相は今年、9月14日までに公邸で計74泊した。内訳は次の通りだ。

 1月=5泊▽2月=9泊▽3月=14泊▽4月=10泊▽5月=7泊▽6月=12泊▽7月=8泊▽8月=3泊▽9月(14日まで)=6泊

 傾向としては、外国の要人を招いて公邸で夕食会を開いた夜や翌日早朝から国会出席などの公務が予定されている場合は公邸に宿泊することが多い。

 一方、北朝鮮は今年、発射直後に爆発したものや日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水せず、日本の安全保障に影響がなかったものも含めると、9月15日までに15回のミサイル発射を強行している。だが、発射前日に首相が公邸に宿泊していたのは、8月の2回以外では6月8日と7月28日にとどまる。

>>2以降に続きます

http://www.sankei.com/premium/news/170918/prm1709180004-n1.html

続きを読む

1 :孤高の旅人 ★ :2017/09/17(日) 17:26:31.52 ID:CAP_USER9

サムネイル 北朝鮮、ミサイル発射時間を短縮 移動式台から直接
9/17(日) 9:49配信

 北朝鮮の朝鮮中央テレビは16日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」の発射を現地指導したと報じ、発射場面を放映した。15日朝、平壌近郊の順安(スナン)地区から発射し、日本上空を通過した弾道ミサイルとみられる。映像には、移動式発射台から直接ミサイルを発射する場面が映し出されていた。

 朝鮮中央通信は16日、今回の発射は「実戦的な行動を確定する目的で行われた」と指摘。正恩氏が「『火星12』の戦闘性能と信頼性が徹底的に検証され、戦力化が実現した」と述べたと伝えた。また、正恩氏は、目標としてきた核戦力の完成について「最終点にほぼ達した」と語ったとした。

 8月29日、日本上空を通過した「火星12」の発射では、ミサイルを車両型の移動式発射台で運んだ後、地上に降ろして打ち上げていた。ミサイルを降ろす作業がなくなれば、発射準備にかかる時間は大幅に短縮される。移動式発射台から直接発射する場面を公開することで、いつでも迅速に発射できる能力を持ったとアピールした可能性がある。(ソウル=武田肇)

■先制攻撃、対応に限界 韓国軍

 北朝鮮が15日、中距離弾道ミサイル「火星12」(射程4500〜5千キロ)の試射に踏み切ったのに対し、韓国軍は攻撃の兆候が見えた相手に対する先制攻撃を想定した演習を行った。発射の動きを事前に把握できていたためだが、北朝鮮が意図的に発射を見せつけていた可能性があり、対応の限界も浮かび上がっている。

 北朝鮮が移動式発射台からミサイルを降ろした上で打ち上げた5月や8月の試射とはやり方を変え、移動式発射台から切り離さずに発射したことに専門家らは注目する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-00000012-asahi-int

続きを読む

このページのトップヘ