ぎぎぎ速報

2ちゃんねるのニュース速報をランダムにまとめているブログですね。

カテゴリ: パソコン・インターネット

1 :蚤の市 ★:2020/09/12(土) 09:33:18.98 ID:YT5L8P2m9

サムネイル  NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使って預金が不正に引き出された問題で、携帯電話各社のスマートフォン決済サービスの拡大に影響が出そうだ。携帯電話市場が飽和状態となる中、競争が激化。成長分野として各社とも注力してきただけに、冷や水を浴びせられた格好だ。

 「事業展開に一定の影響が出るのは避けられない」。ドコモの丸山誠治副社長は10日の記者会見で、ドコモ口座にひも付いた決済サービス「d払い」の信用失墜に懸念を示した。同社は2018年に発表した中期経営計画で、金融サービスなどの非通信事業領域を強化する方針を打ち出し、大規模な還元キャンペーンを展開して会員数増加に取り組んできた。しかし今回の問題で、ドコモが事業拡大を優先し、安全性確保の対策が甘かったことが明らかになり、勢いが鈍るのは不可避だ。

 ドコモが会員獲得に躍起になった背景には、携帯各社のスマホ決済サービスの競争激化がある。ソフトバンクの「ペイペイ」は、18年から「100億円」還元キャンペーンを行い会員数を伸ばした。KDDI(au)の「auペイ」はローソンなどで使える共通ポイント「Ponta(ポンタ)」と連携し加盟店が増加。楽天モバイルも通販サイト大手「楽天市場」で使えるポイントがたまる「楽天ペイ」で攻勢を掛ける。
 ドコモは携帯電話シェアトップの強みを生かし、自社回線利用者を中心に顧客開拓を進めてきた。ただ、他社との連携で後れを取り、競合他社に利用店舗数で引き離された。焦るドコモは口座開設の要件を緩め、不正利用の原因を生んだ。
 成長分野のスマホ決済には金融以外のさまざまな業種が参入。1年前にはセブン&アイ・ホールディングスの「セブンペイ」がサービス開始直後に不正利用で廃止に追い込まれた。事業拡大ばかりでなく、顧客保護に真摯(しんし)に取り組むことが求められている。

時事通信 2020年09月12日07時12分
https://www.jiji.com/sp/article?k=2020091101220&g=eco

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2020/09/09(水) 22:58:17 ID:llhL63aT9

サムネイル 統一まで1分

2020年9月3日、韓国メディア・アジア経済は、今年上半期に世界で最も売れたスマートフォンランキングで「サムスンからのランクインは1つだった」と伝えた。

記事によると、英調査会社オムディアは、今年上半期に単一機種として世界で最も売れたスマートフォンはアップルのiPhone11で3770万台だった。これは、昨年上半期トップだったiPhoneXR(2690万台)より1080万台多いという。

2位はサムスン電子のGalaxy A51(1140万台)、3位はシャオミのRedmi Note 8(1100万台)、4位はRedmi Note 8 Pro(1020万台)、5位はアップルのiPhone SE(870万台)だった。6位以降はiPhone XR(800万台)、iPhone 11 Pro Max(770万台)、Redmi 8A(730万台)、Redmi 8(680万台)、iPhone 11 Pro(670万台)となっている。

記事は「アップルとシャオミが高い市場掌握力を誇示した一方で、サムスン電子は中低価格の1機種にとどまった」と伝えている。昨年上半期には4機種がランクインしていたため、オムディアは「サムスン電子の主力スマートフォンが10位内にランクインしなかったことは、サムスンにとって重要な変化」と指摘したという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「フラグシップ市場はiPhoneの1人勝ちだね」「iPhoneは5機種もランクインしてるのに、サムスンは中レベルの1機種だけ…」「サムスンのGalaxyシリーズは今や韓国国内用に転落してるってことか」と嘆く声が上がっている。

また、「市場が求めるスマホを作るべきだ。低価格帯の座を明け渡したら、後に高価格帯のスマホ市場でも占領されてしまう」「高価プレミアムモデルはアップルに押され、安価モデルは中国に押され…。サムスンはグーグルのように技術的に優れたスマホを作った方がいいかも」など、サムスンのスマホ戦略を見直すべきとの指摘も少なくない。

この他、「韓国を世界経済大国にけん引してきたサムスンをたたく現政権。これだからうまくいくはずがない」などの声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/b833032-s0-c20-d0127.html
https://img.recordchina.co.jp/thumbs/m1200/202009/20200903-035762897.jpg

続きを読む

1 :蚤の市 ★:2020/09/08(火) 09:13:39 ID:DIU5ENn59

サムネイル Windows 10は直近のアップデートにより、ハードドライブの自動最適化プロセスを必要以上に頻繁に実行しているようです。

最適化はハードドライブを最適な状態に維持するために必要であり、WindowsがSSDでTRIMコマンドを実行しても問題はありませんが、ハードドライブの過度なデフラグは一般的に不要であり、何度も繰り返しているとSSDの寿命を縮める可能性があります。

Windows 10のバグでSSDの寿命が縮まる可能性
簡単に言えば、ドライブをデフラグ(最適化)すると、より効率的にローディングできるようにデータの配置が変わります。

しかし、ドライブをデフラグするには、ドライブの中身を大幅に書き換える必要があり、SSDがデータを保存する微細セルは、データの読み込みや書き込みが行われるたびに弱化するので、デフラグを繰り返すと、SSDの消耗が早くなる可能性があります。

SSDのデフラグは多くても月に1度にしておくことを提唱する専門家が大勢いますが、それ以上に多くの専門家がSSDのデフラグは一切しない方が良いとしています。

しかし、Windows 10 バージョン 2004を実行しているPCは、リブートすることも含めてSSDが接続されるたびに、自動でデフラグを実行します。

SSDが完全に消耗するには長い時間がかかりますが、そこまで頻繁にデフラグが行なわれると、やはり害があります。

Microsoftはこの問題を認識しており、修正パッチを発行する予定ですが、当面は、Windows 10の設定で自動デフラグ・ツールをオフにすれば、不要な書き換えを防ぐことができます。

Windows 10の設定で自動デフラグ・ツールをオフにするには

Windows 10の検索バーに「デフラグ」とタイプする。検索結果から「ドライブのデフラグと最適化」をクリックして、「ドライブの最適化」を開く。「スケジュールされた最適化」の中にある「設定の変更」をクリックする(「オン」しか選択肢が無い場合は、既に自動デフラグは無効になっています)。「スケジュールに従って実行する」からチェックをはずす。「OK」をクリックしてから「閉じる」をクリックする。
「状態」のリストからドライブをクリックして「最適化」を選択すれば、デフラグのプロセスを手動で実行できます。

2020年9月7日 20時0分 ライフハッカー[日本版]
https://news.livedoor.com/article/detail/18859829/

続きを読む

1 :ばーど ★:2020/09/07(月) 16:31:51 ID:vnGWfw9i9

サムネイル 新型コロナウイルス流行によるテレワーク需要が追い風となっているパソコン業界。

しかしその果実を得るのは国内メーカーではないようです。詳細は以下から。

IT専門調査会社「IDC Japan」のレポートによると、日本市場における2020年第2四半期(4〜6月)のパソコン出荷台数は、前年同期比0.7%減の計396万台(法人市場が17.0%減の237万台、家庭市場は40.7%増の159万台)となったそうです。

Windows 7サポート終了に伴う買い替え需要があった2019年の反動で、2020年の売り上げは落ち込むと予想されていましたが、テレワーク需要とみられる家庭市場の急拡大で前年と変わらない出荷数を維持できています。

しかしここでチェックしておきたいのがトップ5社の顔ぶれ。NECおよび富士通のパソコン事業を傘下に収めたLenovoや鴻海傘下のシャープが販売する「DynaBook」など実に8割以上を外資が占め、「日本のパソコン市場は完全に制圧された」と言っても過言ではない状況です。

なお、トップ5の中でも明暗が分かれており、部材調達が追いつかなかったシャープや、LenovoやDELLのように「GIGAスクール構想」の恩恵にあずかれなかった日本HPが伸び悩むのを尻目に、Appleがトップの成長率でシャープに迫る興味深い事態に。

「Let’s note」でおなじみパナソニックやVAIOなどの国内メーカーは「その他(13.4%)」に収まる規模にまで縮んでしまいました。

2020年9月6日 20時0分 BUZZAP!
https://news.livedoor.com/article/detail/18854255/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/8/a8c7d_1302_fbc0491f1f8d8874f1584d7d3ac15a84.png

★1が立った時間 2020/09/07(月) 09:20:00.82
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599459061/

続きを読む

1 :ばーど ★:2020/09/07(月) 12:44:16 ID:vnGWfw9i9

サムネイル 新型コロナウイルス流行によるテレワーク需要が追い風となっているパソコン業界。

しかしその果実を得るのは国内メーカーではないようです。詳細は以下から。

IT専門調査会社「IDC Japan」のレポートによると、日本市場における2020年第2四半期(4〜6月)のパソコン出荷台数は、前年同期比0.7%減の計396万台(法人市場が17.0%減の237万台、家庭市場は40.7%増の159万台)となったそうです。

Windows 7サポート終了に伴う買い替え需要があった2019年の反動で、2020年の売り上げは落ち込むと予想されていましたが、テレワーク需要とみられる家庭市場の急拡大で前年と変わらない出荷数を維持できています。

しかしここでチェックしておきたいのがトップ5社の顔ぶれ。NECおよび富士通のパソコン事業を傘下に収めたLenovoや鴻海傘下のシャープが販売する「DynaBook」など実に8割以上を外資が占め、「日本のパソコン市場は完全に制圧された」と言っても過言ではない状況です。

なお、トップ5の中でも明暗が分かれており、部材調達が追いつかなかったシャープや、LenovoやDELLのように「GIGAスクール構想」の恩恵にあずかれなかった日本HPが伸び悩むのを尻目に、Appleがトップの成長率でシャープに迫る興味深い事態に。

「Let’s note」でおなじみパナソニックやVAIOなどの国内メーカーは「その他(13.4%)」に収まる規模にまで縮んでしまいました。

2020年9月6日 20時0分 BUZZAP!
https://news.livedoor.com/article/detail/18854255/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/8/a8c7d_1302_fbc0491f1f8d8874f1584d7d3ac15a84.png

★1が立った時間 2020/09/07(月) 09:20:00.82
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599444910/

続きを読む

1 :首都圏の虎 ★:2020/09/03(木) 15:27:15 ID:730B9VQo9

サムネイル 「仕事疲れた 1人だけいろいろせなんのはもう無理 なんで俺だけ仕込みと検査と事務全部せないかんと? なんでこんな残業せないかんと? もういやだ」。熊本県のJA阿蘇のヨーグルト工場に勤務していた男性(当時29歳)が2019年3月、スマートフォンにメッセージを残して命を絶った。なぜ「仕事」に男性は追い詰められたのか。遺族の声を聴き、経緯をたどった。

 「こんな形で突然亡くなるとは。上司が息子の勤務状況や健康状態の把握を怠ったための過労死だ」。6月に取材に応じた父親は、男性の勤務時間などが記録された文書を見ながら声を震わせた。

 19年3月11日朝、家族は職場から「出勤していない」と連絡を受け、捜したところ、自宅近くの農業用倉庫で死亡しているのが見つかった。男性の車の中からスマホを見つけた警察官は、待ち受け画面に残されていたメッセージを見て「見つけた人に(男性のメッセージが)すぐ分かるようにしたのではないか」と家族に告げた。

 男性は専門学校で自動車整備士の資格を取り、10年にJA阿蘇の職員となった。当初は農機具を整備する仕事をしていたが、12年に同県小国町のヨーグルト工場に配置換えになった。遺族が開示を受けた菊池労働基準監督署の調査文書によると、18年5月末には一緒に製造を担当していた同僚が退職し、男性が1人で担当するようになった。男性が亡くなる前6カ月間の時間外労働時間は月平均88時間で、「過労死ライン」とされる80時間を超えていた。

 父親によると…

https://mainichi.jp/articles/20200902/k00/00m/040/191000c
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/09/02/20200902k0000m040193000p/0c8.jpg

続きを読む

1 :蚤の市 ★:2020/08/21(金) 20:26:42.18 ID:269Q2it29

サムネイル 藤井2冠、一夜明けの喜びの声 「王将戦リーグしっかり戦えれば」 やりたいことは「PC買いたい」

 史上最年少で将棋の2冠と八段昇段を達成した藤井聡太新王位(18)が、タイトル獲得から一夜明けた21日、滞在先の福岡市内のホテルで取材に応じ、今後の目標について「実力を高めていくのが一番ですが、近いところでは秋から王将戦リーグが始まる。強い方ばかりなので、しっかり戦えればと思います」と語った。

 水色の半袖シャツで取材に応じた藤井は、昨夜は家族や師匠の杉本昌隆八段(51)と電話で話し、祝福を受けたと笑顔を見せた。また、ホテルの自室で1時間ほど激戦だった対局を振り返り、午前0時ごろに就寝し、朝は6時半に起床したという。

 棋聖に続き、王位を獲得したことには「王位戦は奨励会員のころ、タイトル戦の控室で勉強したことがあるので、感慨深い」と答え、全冠制覇への期待については「まだまだ実力を高めなければいけないのかなと思う。王位戦で新たに見つかった課題もあるので、それを改めて、上を目指していければいい」と話した。

 6月に始まった二つのタイトル戦が終わって一息ついたが、帰って何をしたいかと問われると、「昨日の対局をじっくり振り返られれば」と答えた。将棋を離れてやりたいことは、と重ねて問われ、しばらく考えてから「(将棋を研究するための)パソコンを1台買いたい」と応じ、将棋に没頭したい思いがあふれていた。

 7月に初タイトルの棋聖を獲得した藤井は、20日まで行われた第61期王位戦七番勝負で、4連勝で木村一基王位(47)からタイトルを奪取。羽生善治九段(49)を3年10カ月上回る史上最年少の18歳1カ月で2冠になった。また、加藤一二三九段(80)が持っていた最年少八段昇段の記録を62年ぶりに2カ月更新した。【新土居仁昌】

毎日新聞2020年8月21日 10時50分(最終更新 8月21日 11時41分)
https://mainichi.jp/articles/20200821/k00/00m/040/053000c

★1 2020/08/21(金) 13:32:23.52
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1598000057/

続きを読む

1 :蚤の市 ★:2020/08/21(金) 17:54:17 ID:Pbovkq/C9

サムネイル 藤井2冠、一夜明けの喜びの声 「王将戦リーグしっかり戦えれば」 やりたいことは「PC買いたい」

 史上最年少で将棋の2冠と八段昇段を達成した藤井聡太新王位(18)が、タイトル獲得から一夜明けた21日、滞在先の福岡市内のホテルで取材に応じ、今後の目標について「実力を高めていくのが一番ですが、近いところでは秋から王将戦リーグが始まる。強い方ばかりなので、しっかり戦えればと思います」と語った。

 水色の半袖シャツで取材に応じた藤井は、昨夜は家族や師匠の杉本昌隆八段(51)と電話で話し、祝福を受けたと笑顔を見せた。また、ホテルの自室で1時間ほど激戦だった対局を振り返り、午前0時ごろに就寝し、朝は6時半に起床したという。

 棋聖に続き、王位を獲得したことには「王位戦は奨励会員のころ、タイトル戦の控室で勉強したことがあるので、感慨深い」と答え、全冠制覇への期待については「まだまだ実力を高めなければいけないのかなと思う。王位戦で新たに見つかった課題もあるので、それを改めて、上を目指していければいい」と話した。

 6月に始まった二つのタイトル戦が終わって一息ついたが、帰って何をしたいかと問われると、「昨日の対局をじっくり振り返られれば」と答えた。将棋を離れてやりたいことは、と重ねて問われ、しばらく考えてから「(将棋を研究するための)パソコンを1台買いたい」と応じ、将棋に没頭したい思いがあふれていた。

 7月に初タイトルの棋聖を獲得した藤井は、20日まで行われた第61期王位戦七番勝負で、4連勝で木村一基王位(47)からタイトルを奪取。羽生善治九段(49)を3年10カ月上回る史上最年少の18歳1カ月で2冠になった。また、加藤一二三九段(80)が持っていた最年少八段昇段の記録を62年ぶりに2カ月更新した。【新土居仁昌】

毎日新聞2020年8月21日 10時50分(最終更新 8月21日 11時41分)
https://mainichi.jp/articles/20200821/k00/00m/040/053000c

★1 2020/08/21(金) 13:32:23.52
※前スレ
藤井2冠「PC買いたい」 ★2 [蚤の市★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597989208/

続きを読む

1 :蚤の市 ★:2020/08/21(金) 13:32:23.52 ID:Tn/orukT9

サムネイル 藤井2冠、一夜明けの喜びの声 「王将戦リーグしっかり戦えれば」 やりたいことは「PC買いたい」

 史上最年少で将棋の2冠と八段昇段を達成した藤井聡太新王位(18)が、タイトル獲得から一夜明けた21日、滞在先の福岡市内のホテルで取材に応じ、今後の目標について「実力を高めていくのが一番ですが、近いところでは秋から王将戦リーグが始まる。強い方ばかりなので、しっかり戦えればと思います」と語った。

 水色の半袖シャツで取材に応じた藤井は、昨夜は家族や師匠の杉本昌隆八段(51)と電話で話し、祝福を受けたと笑顔を見せた。また、ホテルの自室で1時間ほど激戦だった対局を振り返り、午前0時ごろに就寝し、朝は6時半に起床したという。

 棋聖に続き、王位を獲得したことには「王位戦は奨励会員のころ、タイトル戦の控室で勉強したことがあるので、感慨深い」と答え、全冠制覇への期待については「まだまだ実力を高めなければいけないのかなと思う。王位戦で新たに見つかった課題もあるので、それを改めて、上を目指していければいい」と話した。

 6月に始まった二つのタイトル戦が終わって一息ついたが、帰って何をしたいかと問われると、「昨日の対局をじっくり振り返られれば」と答えた。将棋を離れてやりたいことは、と重ねて問われ、しばらく考えてから「(将棋を研究するための)パソコンを1台買いたい」と応じ、将棋に没頭したい思いがあふれていた。

 7月に初タイトルの棋聖を獲得した藤井は、20日まで行われた第61期王位戦七番勝負で、4連勝で木村一基王位(47)からタイトルを奪取。羽生善治九段(49)を3年10カ月上回る史上最年少の18歳1カ月で2冠になった。また、加藤一二三九段(80)が持っていた最年少八段昇段の記録を62年ぶりに2カ月更新した。【新土居仁昌】

毎日新聞2020年8月21日 10時50分(最終更新 8月21日 11時41分)
https://mainichi.jp/articles/20200821/k00/00m/040/053000c

続きを読む

1 :ばーど ★:2020/08/16(日) 13:59:20 ID:LoQcaXoI9

サムネイル 大手PCショップ「ツクモ」が大規模な店舗統合に踏み切るなど、新型コロナウイルスの影響がPC・ガジェットクラスタにも及びつつあるなか、また1つ「閉店」のニュースが舞い込んできた。

台湾に本社を置く大手パソコン・携帯メーカー「ASUS(エイスース/華碩)」の日本唯一となった直営ショップ「ASUS Store Akasaka(エイスースストア赤坂)」(東京都港区)が、2020年8月16日をもって閉店することを発表したのだ。

この5月には、秋葉原の「ツクモDOS/Vパソコン館」にあったASUS JAPAN 運営のASUS専門コーナー「ASUSフラッグシップ・ストア」もツクモの閉店とともに5年の歴史に幕を下ろしたばかり。これで国内のASUS JAPAN実店舗は消滅し、同社の直営店舗はネットストアのみとなってしまう。

■世界大手の「ASUS」、日本の直営店は姿消す
 
ASUSは1989年に台湾・台北市で創業したパソコンメーカーだ。現在の本社は、日本統治時代からの古い温泉街があることでも知られる北投区にある。
 
ASUS創業当初より価格優位性の高いPCパーツを主力製品として取り扱っており、2000年代には超小型ノートPC「EeePC」でネットブックブームを牽引。近年もマザーボード分野では国内・世界シェアともに業界首位、一般消費者向けノートPC分野では世界シェア2位の座にある。

ASUS Store Akasakaは、2018年3月に赤坂見附駅そばの赤坂ノアビル1階「岡村電産赤坂プラザショールーム」跡に開店。運営はASUSの日本法人「ASUS JAPAN」(2008年5月設立)で、直営店としては2015年に開店した秋葉原の「ツクモDOS/Vパソコン館」内にあった「ASUSフラッグシップ・ストア」に次ぐ2店目、直営単独店としては国内初の店舗であった。店内は開放的な雰囲気で、ASUS製品の実機に触れることができたほか、同社製品の修理・バッテリー交換といったサポート窓口としての役割を担っていた。また、店頭で購入すると補償の延長サービスが受けられるなど様々な特典が用意されていることも特徴であったが、僅か2年での閉店となってしまった。

ASUSは今回の閉店を「新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた店舗運営・カスタマーサービス見直し」の一環だとしており、賃貸契約終了と同時に閉店することが決まったという。

■「赤坂」という立地の違和感
 
しかし、新型コロナの影響とはいえども、ようやく日本の一般層にも浸透しつつあったASUSだけに、ここで国内唯一となった実店舗を閉店させてしまうのは勿体ないことだ。

ASUSは2014年よりSIMフリースマートフォン端末「ZenFone」を発売。日本市場でも割安な料金体系を特徴とするMVNO(通称:格安SIM)が普及してきたことを追い風に、中国のHuawei(ファーウェイ/華為)とともに大きく躍進を遂げ、ブランドの知名度を大きく高めた。そうしたなかHuaweiをはじめとする中国メーカーの「セキュリティ問題」が取りざたされたことで、台湾メーカーであるZenfoneが追い風を受けていたのも事実だ。

それでは、実店舗はなぜ閉店に至ってしまったのであろうか。

その理由の1つに挙げられるのが「赤坂見附」という立地だ。
 
ASUS Store Akasakaがあった場所は外堀通りを赤坂見附駅から少し溜池山王駅寄りに行ったオフィスビルの1階。多くのオフィスビルや官公庁が並ぶエリアで、徒歩圏には首相官邸や国会議事堂があるなど「PC・スマホショップの国内旗艦店」が立地するには少し違和感がある場所であった。

■「スマホ戦略見直し」も閉店の一因か?
 
そしてもう1つの大きな理由として挙げられるのが、ASUSの「経営方針の転換」だ。

現在のASUSは格安SIMフリースマホ業界を代表するメーカーの1つであり、近年はそれを成長戦略の柱としていた。
 
しかしここ1〜2年は、台湾鴻海傘下となったSHARPや中国系新興スマホメーカー(Xiaomi(小米)・oppoなど)の台頭を受け、一般消費者向けのスマートフォン端末シェアは最盛期よりも減っていた。

以下ソース先で

8/15(土) 8:34 HARBOR BUSINESS Online
https://news.yahoo.co.jp/articles/7b9539ae89718713adef888102d8ab7e0d331d0b
https://amd.c.yimg.jp/im_siggeNuGkJfRUu15.A7YAFStww---x640-y480-q90-exp3h-pril/amd/20200815-00225966-hbolz-000-1-view.jpg

続きを読む

このページのトップヘ